あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

「自衛隊は違憲だから憲法を変える」というのは筋違いである。

安倍氏「自衛隊は憲法違反に終止符を」 新潟で講演、改憲訴え | 毎日新聞

 

憲法第9条が「戦力」の保持を禁じているにもかかわらず日本軍自衛隊があることについて、日本軍自衛隊は「我が国を防衛するための必要最小限度の実力組織であり、憲法に違反するものではない」とするのが、日本政府の見解です*1しかしながら、日本の軍事力が世界第5位(2021年現在)である*2ことや、戦争法の制定*3により日本がアメリカと一緒であれば「いつでもどこでも戦争できる国」になった*4ことなどに鑑みれば、もはや日本軍自衛隊は、憲法第9条が保持を禁じている「戦力」であると言わざるを得ないでしょう。どうやら、リベラル派の中には安倍氏が「改憲のために自衛隊違憲な存在に位置づけている」と考える人もいるようですが、安倍氏改憲のために自衛隊違憲な存在に位置づけなくても、日本軍自衛隊違憲な存在なのです。

もっとも、だからといって「自衛隊違憲だから憲法を変える」というのは筋違いです。すなわち、憲法第98条が「この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない」と規定していることに鑑みれば、違憲な日本軍自衛隊は存在が許されないはずです。つまり、日本軍自衛隊違憲であれば、日本軍自衛隊を解体するのが筋だということです。しかるに、憲法第9条が保持を禁じている「戦力」である日本軍自衛隊を解体するのではなく、「戦力」の保持を禁じる憲法第9条のほうを変えるというのは、倒錯にほかなりません。

「日本軍自衛隊違憲であれば、日本軍自衛隊を解体するのが筋である」と言うと、おそらくリアリスト気取りの改憲論者たちは「現実を見ていない」と冷笑するでしょう。しかし、「現実」云々を言うのであれば、むしろ改憲論者こそ、もはや日本軍自衛隊が「我が国を防衛するための必要最小限度の実力組織」ではなく憲法第9条が保持を禁じている「戦力」であるという現実をしっかりと見つめるべきです。そして、それは護憲論者についても同じことが言えます。「戦力」の保持を禁じる憲法第9条が存在するにもかかわらず、もはやれっきとした「戦力」である日本軍自衛隊が存在することに違和感を覚えていないような護憲論者が、残念ながら少なくないようです。誤解を恐れずに言えば、憲法第9条に関しては護憲論者である私は、安倍氏の稚拙な戯言よりも、むしろそのような護憲論者の態度にグロテスクな怖さを感じます。