あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

差別問題の誤解と本質

日本社会における民族差別の問題に関して、よく「日本人の皆が皆レイシストだというわけではない」と言う人がいます。もちろん、「日本人の皆が皆レイシストだというわけではない」のはその通りです。しかし、そのようなことを言う人は、民族差別の問題の本…

「外国人参政権」について、民主主義の本質から考える。

おそらく日本国民の多くは、いわゆる「外国人参政権」を国民主権あるいは民主主義に反するものであると思っているでしょう。実際、「外国人参政権」反対論者たちは、「外国人参政権を認めることは国民主権の原理に反する」と主張しています。 もし国民主権の…

日本軍性奴隷制問題をめぐる朝日新聞の傲慢な勘違い

(社説)慰安婦合意 意義を再評価し前進を:朝日新聞デジタル 日本軍性奴隷制問題をめぐる朝日新聞の誤報が日本軍性奴隷制問題に関する日本政府の責任を免れさせるものではないのと同様に、尹美香氏をめぐる不正疑惑が日本軍性奴隷制問題に関する日本政府の…

「つるの発言」は、どこが問題か。(前エントリーの補足)

yukito-ashibe.hatenablog.com 僕は今後も差別なんてしませんので、どんな人であろうと悪いことには悪いとハッキリと言います。差別を助長しているのは紛れもなく犯人本人であり、被害者が泣き寝入りしてしまう世の中こそ差別だと思うからです。改めまして、…

被害者であることは、自らの加害行為の「免罪符」には決してならない。

つるの剛士、怒 パクチー被害で米山隆一氏が「差別的」と…「こちら100%被害者!」/芸能/デイリースポーツ online デイリースポーツは、つるの剛士氏の「日本人でも外国人でも農産物を盗む行為は歴とした犯罪!こちら100%被害者!差別??現行犯!事実!…

天皇の権威に依存する、日本のあきれた「民主主義者」たち。

先般「持病の悪化」を理由に安倍晋三氏が総理大臣を辞任することを表明しましたが、その安倍氏と前天皇・明仁氏の関係に関して、リベラル派の中には「明仁陛下は安倍がお嫌いだ」と言う人が少なからずいます。 もちろん、彼らが明仁氏の「お気持ち」を想像す…

どこまでも日本人を被害者にする、戦後日本の「平和教育」を問い直す。

(教育考差点)平和のバトン、子どもにどう渡す:朝日新聞デジタル 拙ブログでもこれまでたびたび触れてきましたが、戦後日本の「平和教育」は、日本の戦争被害を重視し、日本が犯した侵略戦争や植民地支配による加害を軽視してきました。そして、それは「戦…

「平和都市ヒロシマ」の放送局は、なぜ過ちを犯したのか。

「ひろしまタイムライン」NHKが謝罪 差別助長と批判:朝日新聞デジタル NHK広島放送局の企画「ひろしまタイムライン」で民族差別を助長する投稿がなされた問題に関して、「平和への意識が高いはずの広島の放送局が、なぜこのような過ちを犯してしまったのか…

「アマプラCM問題」の本質は何か。

アマゾンプライム「解約しました」 ツイッターで拡散 きっかけは… - 毎日新聞 国際政治学者の三浦瑠麗氏がCMに出演したことをきっかけに起きた「Amazonプライム解約運動」に批判的な人の中には、どうやら「リベラル派は三浦氏のことが嫌いだから、三浦氏のCM…

なぜ日本では周庭さんばかり注目されるのか。

www.afpbb.com 言うまでもなく、香港のアクティビストは周庭さんだけではありません。それなのに、なぜ日本では周庭さんばかり注目されるのでしょうか。これについては、たしかに日本人に向けて日本語でメッセージを発信しているからだというのもあるでしょ…

「ナガサキ」は、「地獄島」を忘れることの免罪符ではない。

「核兵器禁止条約、一日も早く批准を」 田上市長・長崎平和宣言全文 - 毎日新聞 安倍首相のあいさつ*1とは対照的に、多くの国民の共感と称賛を呼んでいる田上富久・長崎市長の平和宣言は、核廃絶を訴えるメッセージとしては実に素晴らしいものであると、私も…

「徴用工判決は国際法違反である」という日本政府の主張はデタラメだと言っても過言ではない。

菅長官「明確な国際法違反だ」…資産差し押さえ手続き完了で、韓国批判 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン 2018年10月30日に韓国の大法院によって、いわゆる「徴用工判決」が出されて以降、日本政府は事あるごとに「徴用工判決は国際法違反である」とい…

「多様性」は、差別を決して許容しない。

差別は多様性のひとつの形ですし、誰もがやってしまうものですよ。多様性とは判で押した画一性ではありません。 https://t.co/VmvrLyAnHR — 柴田英里 (@erishibata) 2020年7月29日 「差別は多様性のひとつの形である」という柴田英里氏の言説に賛意を示す人…

ヘイトスピーチの法規制に反対する「有識者」の「知的不誠実さ」について。

(憲法を考える)ヘイト規制、表現の自由と両立は 全国初の罰則条例、川崎市で施行:朝日新聞デジタル “「規制は例外的で、ヘイトスピーチ規制も慎重であるべきだ」という榎透・専修大教授(47)は、表現の自由の大切さを指摘する。……しかし、差別的な表現まで…

「まるで『北朝鮮』のようだ」は、「北朝鮮」に対する批判ではなく、朝鮮に対する悪魔視である。

日本のリベラル派の中には、安倍政権の暴政やNHKの翼賛的な報道を批判するにあたって、「まるで『北朝鮮』のようだ」と朝鮮民主主義人民共和国(以下、朝鮮と略す)を引き合いに出す人が少なからず見受けられます。彼らは、「まるで『北朝鮮』のようだ」とい…

歴史修正主義の跳梁跋扈について、我々は何を問うべきか。

昨今の日本における歴史修正主義の跳梁跋扈に関して、よく言われるのが「昨今の日本で歴史修正主義が大衆に支持されるのは、リベラル派とされる人たちよりも保守派あるいは歴史修正主義者とされる人たちのほうが、大衆の心の入り込めているからだ」というこ…

マジョリティが理解すべきなのは、「レイシスト・シンパ」の気持ちではない。

レイシスト政治家が多くの支持を集めるという昨今の現象について、リベラル派であるマジョリティの中には「レイシスト政治家の支持者を単に批判したり軽蔑したりするだけではなく、レイシスト政治家にに惹かれてしまう彼らの気持ちを理解すべきだ」と言う人…

「民意」は、決して民族差別を正当化しない。

小池氏が大差で再選「コロナから命、暮らし守る」 宇都宮氏、山本氏ら破る 東京都知事選:東京新聞 TOKYO Web これまで4年間の都政で、朝鮮学校や韓国学校に対する差別*1*2、あるいは関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典への追悼文送付拒否*3や追悼式典への圧力…

「ニッポンは『自由な国』だ」と言うけれど。

よく、「政権に問題があるとしても、独裁国家と違ってそれに対する批判が許されるのだから、よその国に比べれば日本はまだまだ自由な国だ」と言う人がいます。 日本に言論の自由があることは、もちろん私も否定しません。しかし、だからといって日本が他の国…

日本社会の差別によって分断されるのは、マイノリティ同士である。

日本社会でエスニックマイノリティ(以下、「マイノリティ」という)に敵意や憎悪を向けるのは、ほとんどがマジョリティである日本人です。しかし、同胞や他のマイノリティに敵意や憎悪を向けるマイノリティも決して皆無ではありません。 ナチスに協力したユ…

新型コロナ禍で忘れられる、移動の自由という基本的人権。

1都3県や北海道の移動、19日に解禁…1000人規模のイベントも : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン 県をまたぐ移動の自粛解除に関する報道では、「解禁」という表現が多く見られます。新型コロナウイルス禍ですっかり忘れられてしまっているようで…

軍艦島の朝鮮人差別も、構造の問題である。(前エントリーの補足)

yukito-ashibe.hatenablog.com 前エントリーで引用した共同通信の記事*1からは不明でしたが、朝日新聞*2や朝鮮日報*3の記事によれば、軍艦島における朝鮮人差別の存在を否定するために日本政府が援用する「元島民」の証言は、日本人のものだけではなく在日韓…

軍艦島に耳を澄ませば聞こえる、被害者の声を聞け。

「軍艦島で朝鮮人差別存在せず」 政府、元島民の証言を一般公開へ | 共同通信 おそらく、多くの日本国民は「元島民が『戦時徴用された朝鮮半島出身者への差別的対応はなかった』と証言しているのだから、軍艦島での朝鮮人差別はなかったのだろう」と思うの…

差別の問題で「分断」という言葉を使いたがる人たち

アメリカ社会は、考え方の違う両者が互いにののしり合って、どんどん分断が深まっていってしまったんだ。#アメリカ #抗議デモ #世界のいま #せかいま #国際ニュース — 世界のいま Mr.シップ (@nhk_sekaima) 2020年6月7日 このごろ、よく差別の問題を「差別…

日本人の人種差別や民族差別への無頓着さは、どこからくるのか。

日本で生まれ育った日本人からすると人種差別っていまいちピンと来ないかもしれないけど、今アメリカで起きていることは未来の世界史に載るような歴史的な局面かもしれない…というかそうであってほしい — 宇多田ヒカル (@utadahikaru) 2020年6月4日 今般のア…

「ブルーインパルス問題」の本質

安倍首相「ブルーインパルス」の”感謝飛行”に拍手 医療従事者にもあたらめて感謝と敬意:中日スポーツ・東京中日スポーツ https://www.chunichi.co.jp/article/64602 今回のブルーインパルスの編隊飛行に関しては、これを称賛する多くの声がある一方で、「新…

天皇制に反対することは、「天皇のことが好きか、嫌いか」の問題ではない。

天皇制に反対する私は、もし「天皇のことが好きか、嫌いか」と聞かれたら、迷わず「嫌いだ」と答えます。 もちろん、天皇のことが好きだというのは個人の勝手です。しかし、天皇制の是非を問う議論において「天皇のことが好きか、嫌いか」と問うことはナンセ…

検察官が「準司法官」であるかどうかは、検察庁法改悪問題の本質的論点ではない。

www.jcp.or.jp まず、はじめにお断りしておきますが、私は今般の検察庁法の改悪には断固として反対です。安倍首相は、今国会での成立を断念した理由を「国民のみなさまのご理解なくして、前に進めていくことはできないと考える」と述べていますが*1、政府に…

日本人が尹東柱を記憶しなければならない理由

日韓友好の木、何度も折られる 「異論あるなら言論で」:朝日新聞デジタル なによりもまず言わなければならないことは、これは絶対に許してはならない卑劣なヘイトクライムだということです。これが絶対に許してはならない卑劣なヘイトクライムであるのは、…

法治主義、ひいては民主主義を破壊する検察庁法の改悪は、絶対に許してはならない。

【サンデーモーニング】2020年5月10日放送 黒板解説「検察庁法改正案」解説:青木理 民主主義の下では、行政は国民を代表する議会が定めた法律に従って行われなければなりません(法治主義)。今般問題となっている、内閣提出の*1検察庁法の改正法案は、安倍…