あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

「ネトウヨ」も「良い日本人」も、抑圧者たるマジョリティであることに変わりはない。

日本社会の民族差別について、よく「ネトウヨばかりではなく、良い日本人だっているのだけど……」と言う「良い日本人」がいます。

もちろん、日本人が「ネトウヨ」ばかりではないのは、そのとおりです。しかし、日本社会の民族差別に関して言えば、実のところ「良い日本人」がいるかどうかは問題ではありません。

"良い植民者がおり、その他に性悪な植民者がいるということは真実ではないからだ。植民者がいる。それだけのことだ。"(J-P・サルトル植民地主義は一つの体制である』)

民族差別は、「個人の性格の良し悪し」の問題ではなく、あくまでも日本社会における「構造」の問題です。つまり、その「構造」の下では「ネトウヨ」も「良い日本人」も、抑圧者たるマジョリティであることに変わりはないのです。

私は、(私が「日本人」であるかどうかはさておき)自分を「良い日本人」だとは言いません。なぜなら、「良い日本人」であろうとなかろうと、私が抑圧者たるマジョリティであることに変わりはないからです。そして、私は日本社会の民族差別について「日本人として申し訳ない」とも言いません。なぜなら、抑圧者たるマジョリティである私が今やるべきことは、「日本人として」申し訳なく思うことではないからです。

"日本の天皇イデオロギーや民族排外主義について、僕があえて権力の側がつくったものという面を強調してきたのは、日本人の太閤以来変らぬ民族性といったようないい方は問題の本質をかえってムードでぼかしてしまうと思うからです。人がつくったものだから、われわれはこれをこわしていくことができるのです。"(梶村秀樹『排外主義克服のための朝鮮史』)

抑圧者たるマジョリティである私が今やるべきことは、まさに「これをこわしていくこと」、すなわち日本社会の民族差別を生み出す「構造」をこわしていくことです。