あしべの自由帳

こころにうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく。主にラブとピースとエロスにまつわるetc.について考えています。

独立紀念館で考えたこと

過日、韓国を旅した私は、天安にある独立紀念館を訪問しました。

f:id:yukito_ashibe:20180921233604j:plain

独立紀念館は、日本ではしばしば「(韓国国民の)ナショナリズム高揚のための反日施設」だなどと評されます。

もちろん、国立博物館に準ずる施設ですから、「ナショナリズム高揚」的な要素が皆無ではありません。しかし、ここを訪れた日本国民が、その展示をナショナリズムを過剰に煽る、誇張あるいは捏造されたものだと思うのであれば、それは彼がその展示を、韓国を劣ったものとして見下す「日本国民のまなざし」で見ているからではないでしょうか。いったい何を根拠に、彼はその展示をナショナリズムを過剰に煽る、誇張あるいは捏造されたものだと思うのでしょうか。もし彼が近代日本の「正史」を根拠にそう思うのであれば、それはやはり、彼が「コリア停滞史観」によって形作られた「日本国民のまなざし」によって見ているからであるといえます。残念ながら、日本国民は決して「神の目を持つ者」などではありません。そうであれば、可及的に「客観視」するには「他者」の側から見るしかないのです。

そもそも、展示解説の内容の大半が、日本で出版されている岩波新書等の定評ある新書に書かれているレベルのものです(もっとも、日本の歴史修正主義者たちはそれを「自虐史観」だなどと揶揄しますが……)。しかるに、そのようなものをナショナリズムを過剰に煽る、誇張あるいは捏造されたものだと思うというのは、やはり偏見であるといえるでしょう。「日本国民」である私も、ここでは自らの「日本国民」としての偏見が常に問われる感じでした。

f:id:yukito_ashibe:20180921233715j:plain

独立紀念館については、「反日施設」(そもそも、「反日」などという言葉それ自体が傲慢なものですが*1)というのもよく言われることです。日本国民曰く、このようなは「反日施設」や学校での「反日教育」によって、韓国人の日本に対する敵意や憎しみが醸成されるのだ、と。しかし、私はそれは間違いだと思います。思うに、韓国の歴史教育を受けてきた韓国の若い人たちが日本に対して抱くのは、「敵意や憎しみ」などではなく、「加害の歴史に向き合おうとしない日本の政権や国民に対する失望」でしょう。

f:id:yukito_ashibe:20180921233750j:plain

以上、独立紀念館が「(韓国国民の)ナショナリズム高揚のための反日施設」だというのが日本国民の偏見であることがご理解いただけたでしょうか。それでもなお、独立紀念館を「ナショナリズム高揚のための反日施設」だと言うのであれば、日本が自らの手で、国家レベルで日帝の侵略と植民地支配を反省し記憶する場を日本に設けるしかありません。否、むしろ日本は、日帝の侵略と植民地支配を反省し記憶する場を日本に設けるべきであり、それこそがまさに日本が果たすべき「責任」の一つです。

 

ヘイトアクションは、「日本の恥」だから許されないのではない。

日本の団体が台湾の慰安婦像に乱暴 国民党議員、日台交流協会前で抗議 | 政治 | 中央社フォーカス台湾

 

日本の保守団体メンバーによる、この卑劣な行為に対しては、日本でも少なからず非難の声が上がっています。しかしながら、その多くが「日本の恥である」だとか「日本を貶めるものだ」といったものであります。

たしかに、彼の卑劣な行為は、台湾のみならず国際社会の日本に対する印象を悪くするものだといえます。しかし、彼の卑劣な行為が非難に値するのは、決して「日本の恥である」だとか「日本を貶めるものだ」からではありません。彼の卑劣な行為が非難に値するのは、日本軍性奴隷被害者を侮辱し、尊厳を踏みにじるものだからです。

このことは、日本社会に蔓延するヘイトスピーチについてもいえることです。ある「保守論客」は、「ヘイトスピーチによって最も傷がつく存在とは、何を隠そう「日本」という国家の国威・イメージであり、ひいては日本国の『国益』そのものなのである」などと言い*1、このような言説に共感を覚えるリベラル人士も少なくないようです。しかし、ヘイトスピーチが許されないのは、「日本」という国家の国威・イメージを傷つけるからではありません。ヘイトスピーチが許されないのは、それが記号的存在ではない、一人ひとり違う顔を持つ生身の人間の尊厳を踏みにじるものだからです。

そもそも、ヘイトスピーチの根底にある差別観を拠り所としているのは、何を隠そう「日本」という国家です。しかるに、ヘイトスピーチによって「日本」という国家の国威・イメージが傷つけられたなどと「被害者面」するのは、まさしく「厚顔無恥」だといえます。また、「国家の国威」を理由に少数派が抑圧されてきた歴史に鑑みれば、マイノリティを踏みにじるものであるヘイトスピーチが許されない理由として「国家の国威」などというものを持ち出すのは、正しくありません。

日頃から「反ヘイトアクション」を訴えるリベラル人士が、今回の事件のようなヘイトアクションについて、開口一番「日本の恥である」だとか「日本を貶めるものだ」などと言うのは、本当に残念なことです。「反ヘイトアクション」を訴える私たちは、「ヘイトアクション」が許されないのは、それが記号的存在ではない、一人ひとり違う顔を持つ生身の人間の尊厳を踏みにじるものだからであることを、決して忘れてはなりません。今回の事件でも、私たちが真っ先に目を向けなければならないのは「日本の名誉」ではなく、「日本軍性奴隷被害者の名誉と尊厳」なのです。

「元ネット右翼」のあなたへ

「私がネトウヨになったのは、外国人の権利を主張するばかりで日本人のために権利を主張してくれない左翼のせいだ」と言う、元「ネット右翼」の人がいます。どうやら、そのような言い訳に共感し、左翼に反省を求めるリベラル人士も少なくないようです。

もちろん、左翼に反省すべき点はない、などと言うつもりはありません。しかし、それでも私は、元「ネット右翼」の人のそのような言い訳には共感できません。なぜなら、「外国人の権利を主張するばかりで日本人のために権利を主張してくれない左翼のせいだ」というのは「外国人」や「左翼」をスケープゴートにするものであって、それはまさに排外主義右翼のやり口そのものだからです。つまり、そのような言い訳をする元「ネット右翼」の人は、残念ながら未だ排外主義を克服できていないと言わざるを得ないでしょう。

「私がネトウヨになったのは、外国人の権利を主張するばかりで日本人のために権利を主張してくれない左翼のせいだ」と言い訳する元「ネット右翼」の人は、誤解しています。あなたを苛む漠然とした“恐怖”や“不安感”の原因は、「外国人」でもなければ「外国人の権利を主張するばかりで日本人のために権利を主張してくれない左翼」でもありません。どうか、あなたを苦しめる「真の原因」を見誤らないでください。

もちろん、左翼が(むしろ、左翼であればこそ)人間を切り捨ててはならないのは、言うまでもないことです。しかし、「切り捨ててはならない人間」ということに、「日本人」も「外国人」も関係ありません。そうであれば、そもそも「日本人のために」だとか「外国人のために」と考えることが間違っています。どうか誤解しないでください。左翼は「外国人」の権利を主張しているのではありません。「外国人」だからという理由で切り捨てられている人間の権利を主張しているのです。そして、人間が「外国人」だからという理由で切り捨てられているからこそ、「外国人」だからという理由で人間を切り捨てることを糾弾しているのです。

あなたが誤解していることは、まだ他にもあります。それは、左翼はあなたを救済する弁護士でも宗教家でもないということです。あなたがやるべきことは、「左翼が私を救ってくれない」と左翼を恨み「ネット右翼」となってあなたと同じように踏みつけられている人を踏みつけることではなく、あなた自身が左翼となって、あなたと同じように踏みつけられている人と共に声を上げることです。私は左翼ですが、あなたを苦しみから救うことなどできませんし、私があなたを苦しみから救ってあげましょうなどと言うのはおこがましいことです。しかし、あなたと同じように踏みつけられている私は、あなたと共に声を上げることができます。「草の根の左翼」は、あなたと同じ踏みつけられている人間なのです。

 

9月、千葉の路上で

9月1日は、日本では「防災の日」と定められています。これは、1923年9月1日に発生した関東大震災にちなんだものです。

ご存知のように、1923年9月1日に発生した関東大震災では、多くの命が奪われました。しかし、多くの命を奪ったのは、決して天災だけではありませんでした。また、多くの命を奪われたのは、決して「日本人」だけではありませんでした。関東大震災の発生直後から、被災地では「朝鮮人が暴動を起こす」旨のデマが流布され、デマに煽動された日本人によって多くの朝鮮人が殺害されたのです。

korocolor.com

tokyo1923-2013.blogspot.com

私たちは、民族虐殺という人道に反する卑劣極まりない犯罪を二度と繰り返さないためにも、この事件の記憶を継承しなければなりません。しかしながら、日本社会ではナショナリズムや排外主義が高まる昨今、この事件を矮小化したり、その存在を否定する言説が幅を利かせています*1。また、相変わらず大きな災害が起きるたびに民族差別を煽動するデマが流布されます(SNSがある今、その拡散力は関東大震災のときの比ではありません。)。

そこで、私はそうした風潮に抗するべく、私が暮らす千葉県にある二つの「記憶の場」を訪ねました。

一つめの「記憶の場」は、八千代市にある観音寺です。ここには、地域住民と在日コリアンによって建立された「関東大震災朝鮮人犠牲者慰霊の碑」、

f:id:yukito_ashibe:20180901101938j:plain

韓日の仏教関係者によって建立された「関東大震災朝鮮人犠牲者慰霊詩塔」、

f:id:yukito_ashibe:20180901101959j:plain

そして韓国からの募金と材料によって建立された「普化鐘楼」

f:id:yukito_ashibe:20180901102020j:plain

があります*2

観音寺のある高津やその周辺の村で村民による朝鮮人虐殺が起きたのには、八千代市の隣の習志野市には当時、陸軍の捕虜収容所があったという「地理的事情」がからんでいます。軍や警察当局は、朝鮮人を「自警団などの虐殺からの保護」の名目で収容したものの、「保護」したはずの朝鮮人を近隣の村に引き渡し、村民に殺害させたのです*3。つまり、高津やその周辺の村での虐殺は、単にデマに煽動された村民が憎悪にかられて行ったものではなく、軍や警察当局が村民の差別感情を利用して計画的に行ったものであるといえます。

二つめの「記憶の場」は、船橋市の馬込霊園に建立されている「関東大震災犠牲同胞慰霊碑」です。

f:id:yukito_ashibe:20180901102204j:plain

この慰霊碑は、「南北」分断前である1947年の三一節*4 に、在日本朝鮮人聯盟によって建立されました*5

船橋で殺害された朝鮮人の多くが、現在の東武野田線の建設に従事していた朝鮮人労働者でした。

f:id:yukito_ashibe:20180901102813j:plain

言うまでもなく、日本が朝鮮を植民地支配しなければ、彼らは殺されることはなかったでしょう。船橋駅北口付近の天沼では、飯場から騎兵隊に連行された朝鮮人労働者50余名が自警団に殺害されました*6。一方、同じ船橋でも、丸山集落のように日本人の住民が集落で暮していた朝鮮人労働者を周辺の集落の自警団から守った集落もありました*7

関東大震災犠牲同胞慰霊碑」のある馬込霊園から3.8㎞離れた同じ船橋市の行田には、海軍無線電信所船橋送信所がありました。現在は、その跡に「船橋無線塔記念碑」が建てられています。

f:id:yukito_ashibe:20180901102927j:plain

海軍無線電信所船橋送信所は、一般には「真珠湾攻撃」の電文を送信したことで知られているようですが、関東大震災朝鮮人虐殺事件とも無関係ではありません。それというのも、この送信所から9月3日午前8時15分に打電された各地方長官宛内務省警保局長電文が虐殺を引き起こしたデマの大きな原因となったことに加えて、遭難信号や応援依頼の送信を繰り返して 「鮮人暴動」や「来襲」 といった打電を連送したことによってデマの拡大・伝播に大きく寄与したからです*8。しかし、「船橋無線塔記念碑」には「関東大震災の時には救援電波を出して多くの人を助けた」と書かれているだけで、そのことは一言も書かれていません。

f:id:yukito_ashibe:20180901103029j:plain

はたして、この記念碑はどのような「記憶」を承継するためのものなのでしょうか。たしかに、この記念碑によっても漠然と「忌まわしき戦争」に思いを馳せることはできるでしょう。しかし、関東大震災朝鮮人虐殺事件といった、軍国主義下の日本で国家と国民が犯した過ちを、私たちが二度と繰り返さないためには、やはり漠然と「忌まわしき戦争」に思いを馳せるだけでは不十分であり、軍国主義下の日本で国家と国民が犯した「加害の記憶」を承継することがぜひとも必要なのです。

 

 

 

 

「本当の保守」論について

最近、巷で「本当の保守」という言葉をよく見聞きします。それは、安倍政権の支持者よりも、むしろ「反安倍政権」の人の口からよく聞かれる言葉であると思います。

もちろん、安倍政権に対する私のスタンスは「反安倍」です。しかし、それ以前に左翼である私は、「安倍政権は『本当の保守』ではない」といった「本当の保守」論には賛同できません。

このようなことを言うと「本当の保守」論者は、左翼である私が「保守思想」を毛嫌いしているだけだと思うかもしれませんが、決してそうではありません。

そもそも、日本の「保守」が守りたいのは、日本社会の差別の根源である「天皇制」や、日本社会を貫く「排除と同化の論理」を象徴する「日の丸」といったものです。そのようなものを守ろうとする「日本の保守思想」は、「反差別」という私の信条にそぐわないものですから、私は到底受け入れることができません。もっとも、「本当の保守」論者も「本当の保守は民族差別に反対すべきである」と言います。しかし、彼らが日本社会の差別の根源である「天皇制」を否定することはないでしょう。なぜなら、天皇制を否定することは彼らにとっては自己否定なのですから。そうはいっても、やはり日本社会の差別の根源である「天皇制」を否定するのでなければ、いくら「本当の保守は民族差別に反対すべきである」と言ったところで、それは欺瞞でしかありません。

このように、「本当の保守」が日本社会の差別構造を温存するものである点だけでも、私がそれに与しない理由としては十分なのですが、もうひとつ言えば、「本当の保守」論は、例えば「(日本のアジア侵略を推し進めた)急進的な超国家主義はむしろ『革新』である」*1といったように、「革新」があたかも邪悪なイデオロギーであるかのようなレッテル貼りをする点が、なんとも悪辣です。「本当の保守」論者が好んで言う「アベ政治は保守ではなく、むしろ革新である」もそうですが、「革新」を「保守」の「ゴミ箱」にするのは、いい加減やめていただきたいものです。もし「本当の保守」というものがあるとして、そうであれば「(日本のアジア侵略を推し進めた)急進的な超国家主義」も「アベ政治」も「失敗した保守」であって、「革新」ではありません。「本当の保守」論者は、例えばソ連を「共産主義の失敗」だと言うのであれば、「保守主義の失敗」もしっかりと認めるべきでしょう。

それにしても、「本当の保守」論というのは、都合の悪いものを排除するという点で、「排除と同化の論理」を基調とする「日本保守主義」的な、あまりにも「日本保守主義」的なものであるといえます。その意味では、たしかに「本当の保守」論者こそ、「本当の保守」なのかもしれません。

 

語り継ぐべき戦争の記憶

明日8月15日は、アジア太平洋戦争における日本の「敗戦記念日」です。毎年この日が近づくと、さまざまなところで「戦争の記憶」が語られます。その趣旨は、悲惨な戦争の記憶を後世に語り継ぐことで、戦争の悲劇を二度と繰り返さない、ということのようです。

もちろん、私はその趣旨に異議を唱えるつもりは全くありませんし、むしろその趣旨には賛同します。しかしながら、そこで語り継がれる「戦争の記憶」には、いささかの疑問を禁じえません。それというのも、そこで語られる「戦争の記憶」の多くが、空襲被害や原爆被害、あるいは過酷な戦場での餓死や病死といった、「日本人」が戦争の被害者である記憶だからです。

たしかに、空襲や原爆投下によって「日本人」が被害を受けたことは紛れもない事実ですし、二度とあのような悲惨な目に遭いたくない、自分の子供たちをあのような悲惨な目に遭わせたくないから、戦争の悲劇を二度と繰り返さない、と考えるのが間違いであるとは言いません。しかし、「被害者」は、決して「日本人」だけではなく、日本が植民地支配しなければ被害に遭わなかったであろう人々もそこに含まれます。そして、なにより日本という国家は、アジア太平洋戦争では韓国と台湾を植民地支配し、中国を侵略し、アジアと太平洋諸島の多くの民族を抑圧し蹂躙した「加害者」なのです。しかるに、「日本人」が戦争の被害者である記憶ばかりを語り継ぐとすれば、日本国民は日本がアジア太平洋戦争で「加害者」であったことを忘れてしまいかねません。そして、日本がアジア太平洋戦争で「加害者」であったことを忘れることは、日本による侵略と植民地支配の美化や正当化につながっていくのです。

もっとも、戦争の悲劇を二度と繰り返さないために「戦争の記憶」を語り継ぐ人々の多くは、日本がアジア太平洋戦争で「加害者」であったことを全く忘れてしまうということはないでしょう。しかし、彼らの中にも、「戦後日本」が憲法9条があるにもかかわらず「帝国の戦争」に加担してきたことをすっかり忘れて「戦後日本は、憲法9条のおかげで戦争に巻き込まれずに済んだ」などと無邪気に言う人が少なくないのは、やはり「日本の加害」について無頓着になってしまっているのだと思います。

戦争の悲劇を二度と繰り返さないために「戦争の記憶」を語り継ぐことは、もちろん大切なことです。ですが、日本の国土さえ戦火に見舞われなければ、あるいは日本人さえ戦争の被害に遭わなければ、それでよいということではありません。日本が関わる戦争の悲劇を二度と繰り返してはならないのです。そのためにも、「日本人」が戦争の被害者である記憶だけではなく、日本という国家が加害者である記憶も語り継がなければなりません。それこそが、真の平和主義実現にとって必要なことであると私は思います。

ヒロシマ

ヒロシマ」、それは「広島」を超越した、人類にとって普遍的なものである。

「広島」は、「ヒロシマとしての広島」と、「廣島としての広島」という、二つの顔を持つ。

世界平和の象徴である「ヒロシマ」、それゆえに「ヒロシマとしての広島」は、「平和都市・広島」だ。

私たちが「広島」と聞いて真っ先に思い描くのは、まさにこの「ヒロシマとしての広島」であろう。

だが、忘れてはならない。「広島」は、「ヒロシマとしての広島」でありながら、今もなお「廣島としての広島」でありつづけている。そして、「廣島としての広島」は、「ヒロシマとしての広島」とは矛盾するものである。

「広島」が抱く、「ヒロシマ」と「廣島」という矛盾。しかし、私たちはそんな矛盾を、すっかり忘れてしまっているようだ。他でもない、「ヒロシマ」によって。

ヒロシマ」は、決して「廣島」を覆い隠し、「廣島」を忘れるためのものではない。むしろ、それは「廣島」を乗り越えるためのものである。

はたして、私たちは「ヒロシマ」によって「廣島」を乗り越えることができているだろうか。