あしべの自由帳

こころにうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく。主にラブとピースとエロスにまつわるetc.について考えています。

憲法9条を本当に守るために

護憲派」の中には、「憲法9条は、国民を守るためにある」と言う人がいます。たしかに、憲法9条を守ることで、国民が戦火から守られることは否定しません。しかし、それはあくまでも憲法9条を守ることで得られる派生的な効果であって、憲法9条の本質ではありません。

残念ながら、「護憲派」にも憲法9条の本質を見誤っている人が少ないないように思えてなりません。憲法9条の本質は、「日本という国に戦争をさせない」ことです。日本という国に戦争をさせないことで人権が守られることはあっても、決して「国民」を守るためのものではありません。つまり、日本国民が戦火から守られさえすれば、日本が加担する「帝国の戦争」によって他国が戦火に見舞われようとかまわないというのは、憲法9条の趣旨に悖る態度であるといえます。

もっとも、日本の「平和教育」のあり方に鑑みると、「憲法9条は、国民を守るためにある」という誤解が生じるのも致し方ないのかもしれません。なぜなら、日本の「平和教育」は、「日本(人)が被った戦争被害を通じて戦争と平和を学ぶ」ことに重点が置かれているからです。私は、決して「日本(人)が被った戦争被害を通じて戦争と平和を学ぶ」ことを否定するつもりはありませんし、「日本人」もまた戦争の被害者であったことを否定するつもりもありません。しかし、「日本」が戦争の加害者であったことは紛れもない事実であり、それこそが、なによりもまず日本国民が主体的に反省しなければならないものです。しかるに、「日本(人)が被った戦争被害を通じて戦争と平和を学ぶ」ことに重点が置かれている戦後から現在に至るまでの「平和教育」(右派は「戦後日本の平和教育」を「自虐史観」だなど批判しますが、私からしたらあの程度のものは、まだまだ「自分に甘い」ものです。だから、今になって「戦後平和国家」に綻びが出始めているのです。)は、過去の戦争での「日本の加害者性」を忘却させ、現在の戦争での「日本の加害者性」に無頓着な国民を育てる危険をはらむものであり、憲法9条の真の趣旨にかなうものとはいいがたいものです。

護憲派」の諸姉諸兄が憲法9条を本当に守ることを希求するのであれば、どうか「憲法9条のおかげで戦後日本は戦争に巻き込まれずに済んだ」という認識を改めてください。憲法9条の「現在の危機」は、単に安倍政権が誕生した結果だけではなく、「戦後『平和国家』日本」が朝鮮戦争ベトナム戦争といった「帝国の戦争」に加担し、憲法9条を蔑ろにしてきたことが積み重なった結果なのです。

もちろん、憲法9条を守るために「アベ政治を許さない」ことも大切でしょう。しかし、それだけではなく「戦後『平和国家』日本」が憲法9条があるにもかかわらず「帝国の戦争」に加担しその恩恵にあずかってきたという史実と向き合うことが、憲法9条を本当に守るために必要なことであると、私は思うのです。

日本軍性奴隷問題の真の解決のために、必要なこと。

韓国大統領、矛盾を露呈 慰安婦合意新方針、国内でも批判:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/DA3S13307453.html

 

どうして、日本政府もマスメディアも、そして国民も、韓国政府が「日韓“慰安婦”合意」の不当性を主張する一方で合意の破棄・再交渉を要求しない真意を考えようとせず、表面だけを捉えて韓国を蔑んだり憎んだりするのでしょうか。韓国・文政権は、日本という国を尊重しているからこそ、「日韓“慰安婦”合意」の不当性を主張する一方で日本政府に対して合意の破棄・再交渉を要求しないのです。すなわち、もし日本が「人間の尊厳」という価値観を共有することのできる国であるならば、他律的にではなく自律的に合意の妥当性を再考することができるであろうことを期待して、合意の破棄・再交渉を要求しないことにした、ということです。これは、「日本側が自ら真実を認め、被害者の名誉と尊厳の回復、心の傷の治癒に向けた努力を続けることを求める」という康京和外交部長官の言葉*1からも、うかがい知ることができるでしょう。

しかし、残念ながら日本は、「人間の尊厳」という価値観を共有することのできない国だったようです。なぜなら、日本政府は「被害者の名誉と尊厳の回復、心の傷の治癒に向けた努力を続けること」さえできないと言うのですから*2。韓国政府が日本政府に対して求めているのは、あくまでも「被害者の名誉と尊厳の回復のための自発的な努力」です。しかるに、それさえも日本政府は受け入れられないというのは、結局のところ「日韓“慰安婦”合意」での安倍首相の「心からのおわびと反省」も、所詮は口先だけにすぎないということです。そうだとすれば、そのような欺瞞に満ちた「合意」など、そもそも守るに値しないでしょう。

「日韓“慰安婦”合意」の不当性もさることながら、日本政府に「被害者の名誉と尊厳の回復のための自発的な努力」を求める韓国政府に対する日本政府の態度も、傲岸不遜極まりないものです*3。韓国・文政権は、日本を対等な主権国家と認識しているからこそ、日本の立場を尊重して「被害者の名誉と尊厳の回復のための自発的な努力」を日本に求めているのです。それに比べて日本政府は、「韓国が日本に要求するなど、絶対に許さない」といった感じで韓国を見下しているように思えてなりません。日本政府は、未だに韓国を属国だと勘違いしているのでしょうか。露呈したのは文在寅大統領の“矛盾”などではなく、未だに植民地主義を克服できない日本政府の体たらくです。

結局のところ、日本軍性奴隷問題を真に解決するのに必要なのは、「国家間の合意だから」と形だけにこだわって欺瞞に満ちた合意を維持することではなく、文在寅大統領の言葉の通り*4「日本が真実を認め、被害者に真の謝罪をし、それを教訓に国際社会と努力する」ことです。そして、「真の謝罪」とは、口先だけ「おわびと反省」をするのではなく、今後も日本政府が、かつての日本による戦時性犯罪の被害を隠蔽あるいは矮小化するなどといった、謝罪と矛盾した態度をとらないことです。

日本軍性奴隷問題は、日本国民一人ひとりにとっても、決して「無関係なこと」ではありません。なぜなら、日本軍性奴隷問題では、日本国民一人ひとりに対しても「人間の尊厳」という価値観を共有することができるかどうかが問われているのですから。

何のために「現実」を見るのか

理念を掲げて現状の変革を訴える人に対して、「現実を見ろ」と言う人がいます。もしかすると、「現実を見ろ」と言う人に同調し、理念を掲げて現状の変革を訴える人のことを夢想家だと嘲笑する人は少なくないかもしれません。しかし、私はその「現実を見ろ」という意見には同調できません。なぜなら、その「現実を見ろ」という意見は、現実を見るだけにとどまらず、現状を肯定することまでをも強いるものだからです。

そもそも、理念を掲げて現状の変革を訴える人に対して「現実を見ろ」と言うのは、不当な言いがかりです。理念を掲げて現状の変革を訴える人も、「現実」を見ています。ただ、彼は現状に迎合するためではなく、現状を変えるために「現実」を見るのです。

現状に迎合し、それを他者にも強いる人は、現状を変えようとする人の態度を「非科学的だ」と批判します。たしかに、科学は客観的法則性を認識するものです。しかし、客観的法則性を認識することは、「科学の成果」を用いて現状を変革しようとすることを排斥するものでありません。それどころか、むしろ「科学の成果」を現状の変革に用いることは、客観的法則性の認識の発展にとって重要であるといえます。そして、変革せんとする「現状」は、神によって作られたものなどではなく、権力を握った人間によって作られたものです。人間によって作られたものだから、人間によって変えることができるのです。しかるに、現状を変えることを許さない態度こそ、むしろ形而上学的な非科学的態度だといえるのではないでしょうか。

“哲学者たちは世界をさまざまに〈解釈〉したにすぎない。大切なことはしかしそれを〈変える〉ことである。”―カール・マルクス

日本軍性奴隷問題は、外交問題ではない。

(社説)日韓合意 順守こそ賢明な外交だ:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/DA3S13293399.html

 

朝日新聞のこの社説は、「ひどい」の一言に尽きます。朝日新聞は、韓国に対してどうしてそのような傲岸不遜な態度をとることができるのでしょうか。否、むしろ相手が韓国だからこそ、そのような傲慢な態度をとることができるのでしょう。「文氏は……理性的な外交指針を築く覚悟が求められている」などと、他者を「非理性的」であると規定するのは、まさしく植民地主義者の手口です。朝日新聞は、「外交交渉は、片方の言い分だけがとおることはない」などと「正論」を振りかざすで、さも自らは「理性的」だと言いたげですが、それならば、今回の韓国の調査チームの調査によって明るみに出た「裏合意」*1が、いかに日本の言い分を韓国に押し付けたものであるかも容易に分かるはずですが……。

もっとも、「核となる精神は、元慰安婦らの名誉と尊厳を回復することにある」というのは、たしかにその通りです。しかるに、どうしてそれに続けて「文政権は合意の順守を表明し……」などと言えるのでしょうか。思うに、それは朝日新聞が、「日韓合意」の問題性を正しく理解していないからです。このことは、当該社説の翌日に掲載された箱田哲也論説委員(署名はありませんが、おそらく当該社説を執筆したのも箱田氏でしょう)の「社説余滴」で、「(文政権は)前政権がやったことはすべて悪だと短絡的に決めつける」などと述べている*2ことからも推察することができます。「日韓合意」は、「前政権(朴槿恵政権)がやったこと」だから問題視されているのではありません。箱田氏は、どうしてそのような短絡的な捉え方しかできないのでしょうか。朝日新聞は、文政権に「合意の意義を尊重する賢明な判断を求め」る前に、自らが日本軍性奴隷問題の本質を理解すべきです。日本軍性奴隷問題の本質を理解していれば、「順守こそ賢明な外交だ」などとは恥ずかしくて言えないはずです。

日本軍性奴隷問題の本質を理解すべきなのは、朝日新聞だけではありません。他のマスメディアも、日本政府も、日本国民も同様です。そもそも、政府も、マスメディアも、国民も、どうして日本軍性奴隷問題が「〈日本〉対〈韓国〉」の問題ではなく「〈国家〉対〈被害者(と市民)〉」の問題だ、というのが分からないのでしょうか。日本軍性奴隷問題は、決して外交問題などではありません。他ならぬ朝日新聞自身が指摘しているように、人間の名誉と尊厳にかかる問題です。「日韓合意」が破棄されるとしたら、それは文大統領の外交指針が問題なのではありません。被害者の名誉と尊厳の回復に資するどころか、それを妨げる「日韓合意」そのものが問題なのです。このことは、国連の拷問禁止委員会という「第三者(言うまでもなく、第三者性に関して、国連拷問禁止委が国連においてどのような位置づけであるかは、問題ではありません。)」が「日韓合意」の見直しを勧告した*3ことからも、容易に分かるはずです。

結局のところ、日本政府、マスメディア、そして国民にとって、日本軍性奴隷問題は「真に解決しなければならないもの」ではなく、「さっさと片付けてしまいたい厄介事」でしかないのでしょう。それゆえ、平和の少女像を「日本に対する嫌がらせ」だなどと誤解するのです。

日本軍性奴隷問題は、日本国民にとって「他人事」ではありません。日本国民には、日本によるかつての植民地支配や戦時性暴力について、果たすべき「責任」があります。誤解しないでください。それは、個々の国民が被害者に対して直接謝罪するなどということではありません。植民地支配や戦時性暴力を否定する価値観を共有すること、それこそが今を生きる日本国民の果たすべき「責任」です。そして、それは他でもない日本国民自身が、「尊厳ある人間」として生きるために必要なことなのです。

*1:[日本•国際]「慰安婦」“裏合意”なかったと言っていたのに・・・嘘だった http://japan.hani.co.kr/arti/international/29369.html

*2:(社説余滴)韓国が断つべき本当の悪弊 箱田哲也:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/DA3S13294834.html

*3:国連拷問禁止委、日韓合意の見直し勧告 慰安婦問題で:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASK5F1SKYK5FUHBI001.html

「日本スゴイ番組」の“効能”

昨今の日本では、欧米人を日本に招いて(アジア人が招かれることは、皆無といってよい)日本の技術や文化を褒めさせるテレビ番組が、多く見受けられます。いわゆる「日本スゴイ番組」といわれるものです。そのようなテレビ番組の趣旨は、一般的には「日本の素晴らしさを再発見する」もの、あるいは「欧米人に日本の技術や文化を褒められることで、日本人が失った自信を取り戻す」ものであると、しばしば説明されます。

「『欧米人に日本の技術や文化を褒められることで、日本人が失った自信を取り戻す』というのは、排外主義的なナショナリズムの高揚に比べれば『無邪気なナショナリズムの称揚』であって、謙虚さという『日本人の美徳』(「謙虚さという『日本人の美徳』」の真否はさておき)には反するものの、これといった害はないのだから目くじら立てなくてもいいではないか」と思う人も少なくないでしょう。たしかに、「日本スゴイ」の裏返しとして他民族を蔑視したりするのでなければ、これといった害はないかもしれません。しかし、昨今の「日本スゴイ番組」は、本当に「無邪気なナショナリズムの称揚」だけにとどまるものでしょうか。

思うに、「日本スゴイ」番組の“効能”は、「欧米人に日本の技術や文化を褒められることで、日本人が失った自信を取り戻す」だけにとどまるものではありません。「日本人」が「欧米人に褒められることで自信を取り戻す」というのも、「西洋コンプレックス」のゆえです。「日本スゴイ」番組は、そんな「西洋コンプレックス」を抱えた「日本人」のルサンチマンを満たします。それというのも、“弱者”である「日本人」が、“強者”である「欧米人」(しかも、その「欧米人」は、“弱者”である「日本人」の技術や文化に憧れている)に「日本」の素晴らしさを教えることで、「日本人」は「欧米人」に対して優位に立つことができるからです。そうして、「日本スゴイ」番組の視聴者は、日本の技術や文化が「欧米人」に褒められるのを見ることのみならず、「日本人」が「欧米人」に日本の技術や文化の素晴らしさを教える姿を見ることでも快感を得るのでしょう。

このように、昨今の「日本スゴイ番組」は、決して「無毒」なものではなく、ルサンチマンという「毒」を多分に含んだものです。その「毒」は、他でもない「日本人」自身を蝕みます。そのような「毒」に蝕まれた「日本人」の未来は、はたして明るいでしょうか。

差別に「寛容」であることは、「寛容の精神」を殺す。

「寛容の精神を貫くのであれば、差別にも寛容であるべきだ」と言う人がいます。もしかすると、「その通りだ」と思う人も少なくないかもしれません。ですが、本当に「寛容の精神を貫くのであれば、差別にも寛容であるべき」なのでしょうか。

たしかに、「差別を許さない」というのは差別に「不寛容」なわけですから、「寛容の精神」を貫くのであれば、差別にも寛容であるべきようにも思えます。しかし、そのように思う人は、ひとつ大事なことを見落としています。それは、差別に寛容であることは、差別によって踏みにじられる人の尊厳には不寛容である、ということです。

なぜ、そのような過ちを犯すのか。それは、「寛容」という言葉を表面的にしか捉えていないからです。表面的にしか捉えていないから、「寛容」を「無頓着」と誤解するのです。

思うに、「寛容であること」が求められるのは、「すべて人間は、個人として尊重される」からです。しかるに、個人の尊厳を踏みにじるものである差別に寛容であることは「寛容であること」が求められる趣旨に悖るものであって、いわば「寛容の精神」を殺すようなものです。はたして「寛容の精神」は、自分を殺すものである「差別」を許容するでしょうか。

このように「寛容」を論ずるにあたっては、「寛容であること」が求められる趣旨にさかのぼって考えることが必要です。そうして考えてみると、「寛容の精神を貫くのであれば、差別にも寛容であるべきだ」というのは、結局のところ差別を正当化するための詭弁でしかないでしょう。

「寛容の精神」を真に貫くのであれば、差別を決して許してはならないのです。

 

「軍艦島」の片隅に

政府、軍艦島での強制労働なし 徴用工巡り韓国の反発必至
共同通信 https://this.kiji.is/311548453396726881

 

もしかすると、この記事を読んだ多くの日本国民は「元“島民”が『過酷な強制労働の実態はなかった』と証言しているのだから、軍艦島での強制労働はなかったのだろう」と思うかもしれません。ですが、少し考えてみてください。

この記事を読む限りでは定かではありませんが、おそらく証言をした「元島民」は「日本人」でしょう(「島民」という表現も、あたかも証言が客観的で中立的であるとの印象を読者に与えるものです。)。そうして、この「元島民」の方がたとえ「善い日本人」であったとしても、当時の日本と朝鮮の関係の下では、「抑圧者」にほかなりません。しかるに、「抑圧者」の証言だけで、どうして「過酷な強制労働の実態はなかった」ことが“真実”となるのでしょうか。

これに対して、「軍艦島での強制労働はなかった」と主張する人たちは、「それならば、朝鮮人労働者の証言だけで過酷な強制労働の実態があったことにはならないだろう」というかもしれません。たしかに、それはその通りでしょう。しかし、そうであるならば、元島民の証言だけで、過酷な強制労働の実態はなかったことにもならないはずです。それに、そもそも被害者である朝鮮人労働者の証言だけで、過酷な強制労働の実態があったとしているのではありません。過酷な強制労働の実態があったことを裏付ける、合理的な「証拠」がいくつも存在するのです。それを黙殺し、歴史的事実を隠蔽して忘却させることに腐心しているのが、日本政府であり、それを支える「国民」です。

当時の軍艦島の繁栄を理由に、「島は決して地獄島と表現されるような状況ではなかった」と主張する人もいます。軍艦島のある“平和都市”長崎市の田上市長も、その一人です*1。たしかに、「繁栄」も、軍艦島の「一つの事実」でしょう。しかし、「日本人」である“島民”にとって「地獄島」ではなかったからといって、当然に朝鮮人労働者や中国人労働者にとっても「地獄島ではなかった」と言うことはできません。それに、そもそも軍艦島の「繁栄」は、いったい何の上に成り立っていたのでしょうか。

冒頭に掲げた共同通信の記事は、「韓国の反発は必至で、歴史認識を巡る対立が強まり、緊迫化する北朝鮮情勢への対応や早期開催を目指す日中韓首脳会談の日程調整に影響が出る可能性がある」などと、まるで韓国が厄介事を引き起こすと言わんばかりですが、これは「論点ずらし」にほかなりません。問われるべきなのは、歴史的事実を隠蔽して忘却させることに腐心する、日本政府の態度です。いったいマスメディアは、いつまで日本政府による歴史改竄に加担し続けるのでしょうか。

かつての日本による侵略も植民地支配も、疑いを差し挟む余地のない「歴史的事実」です(もっとも、歴史改竄主義者はそれさえも否定するのでしょうが。)。そうである以上、「日本国民」は、何よりもまず、被害者の「声」を真摯に聞くべきです。どんなに耳を塞いだとしても、「歴史的事実」がなかったことには決してならないのですから。

 

[増補改訂版]軍艦島に耳を澄ませば -端島に強制連行された朝鮮人・中国人の記憶

[増補改訂版]軍艦島に耳を澄ませば -端島に強制連行された朝鮮人・中国人の記憶