あしべの自由帳

こころにうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく。主にラブとピースとエロスにまつわるetc.について考えています。

日本における民族差別の本質的な原因について

日本における民族差別の本質的な原因を「日本人の民族性」に求める人がいます。もしかすると、リベラルな人の中にはこれを「正答」だと思う人も少なくないかもしれません。しかし、私はそれには賛同できません。誤解しないでください、私は「日本における民族差別の本質的な原因を『日本人の民族性』に求めるのは日本人差別だ」などと言いたいのではありません。日本における民族差別の本質的な原因を「日本人の民族性」に求めるのは「問題の本質」を見誤ったものであるから、私は賛同できないのです。

思うに、日本における民族差別の本質的な原因を「日本人の民族性」という自然的なものに求めるとすれば、それは「自然的なものならば仕方がない」という絶望に通じていきかねません。また、もし日本における民族差別の本質的な原因が「日本人の民族性」であるならば、日本における民族差別をなくすためには「日本人の民族性」を否定する必要がありますが、しかしそれでは「反民族差別」が拠って立つ「民族の尊重」という普遍的価値を否定することになってしまいます。こうして考えてみると、日本における民族差別の本質的な原因を「日本人の民族性」という自然的なものに求めるのは、やはり間違いであると言わざるを得ないでしょう。

民族差別の本質的な原因を「日本人の民族性」という自然的なものに求めるのが間違いであるとして、それでは日本における民族差別の本質的な原因はいったい何か。思うに、日本における民族差別は、それを必要としている者、すなわち「国家権力」によって作られたものです。「国家権力」が「同化と排除の論理」で貫かれた日本社会の差別構造を作り上げるから、そこで生きる「日本国民」は「他民族」を差別するのです。そうであれば、日本における民族差別をなくすためには、「国家権力」によって作り上げられた日本社会の差別構造を壊す必要があります。そして、それが「国家権力」によって作られたものであれば、私たち人民はそれを壊すことができるのです。

私たちは、「自由な人間」であるがゆえに「差別主義者」であることもできるのでしょうが、「差別主義者」は権力によって作られた社会の差別構造に囚われているという点で、「もはや自由を失った人間」であるといえます。つまり、たとえ「差別主義者になる自由」があるとしても、「差別する自由」はないのです。なぜなら、「差別主義者」は「自由な人間」ではないのですから。

あなたは「自由な人間」として、権力によって作られた社会の差別構造に囚われた不自由な人間である差別主義者になることを選びますか?それとも、自由な人間であり続けるために、権力によって作られた社会の差別構造に抗いこれを壊すことを選びますか?もちろん、私は「自由な人間」として、自由な人間であるつづけるために、権力によって作られた社会の差別構造に抗い、これを壊すことを選びます。

 

 

前エントリ「税関当局による朝鮮高校修学旅行土産の不当没収に断固抗議する」について若干の補足

yukito-ashibe.hatenablog.com

税関当局にによる朝鮮高校修学旅行土産の不当没収について、「日本は“法治国家”なのだから、没収されて当然だ」などと言う人がいます。そのようなことを言う人は、おそらく不当没収に対する抗議を「感情論」だと思っているのでしょう。

しかしながら、それは誤解です。私は、「修学旅行のお土産くらい見逃してあげればいいのに、税関当局には血も涙もないのか」というような人情論で税関当局の不当没収に抗議しているのではありません。修学旅行のお土産を没収することがはたして(“経済制裁”の妥当性はさておき)“経済制裁”の法的根拠である外為法の趣旨に適うのか、甚だ疑問であり、修学旅行のお土産を没収することが法の趣旨を逸脱するものであれば、それは人格権および財産権を侵害する違憲なものでしかないから、私は抗議するのです。

「日本は“法治国家”なのだから」という言葉を使いたがる人は、もしかすると税関や警察といった公権力のすることは常に正しいと思っているのかもしれませんが、それは大きな誤解です。公権力のすることが常に正しいのであるならば、そもそも憲法など必要ありません。つまり、公権力によって個人の人権が侵害されることがあるからこそ、個人の人権を保障する憲法が必要なのです。

日本は、たしかに「法治国家」でしょうが、しかし、それのみならず「法の支配」の原理(専断的な国家権力の支配を排し、権力を法(ここにいう「法」は、議会で制定される、いわゆる「法律」のことではありません。)で拘束する原理)を採用している国家であるはずです。そうであれば、「没収されて当然」ではなく、むしろ人格権および財産権を侵害する違憲な没収は許されないのが当然なのです。

税関当局による朝鮮高校修学旅行土産の不当没収に断固抗議する

修学旅行で北朝鮮土産「税関が不当に押収」 総連が抗議:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASL6Y5SB8L6YUTIL036.html

 

この事件に関して、案の定というか、残念ながら「法的根拠があるのだから税関による没収は正当だ」などという声が散見されます。

しかし、そもそも日本政府が「経済制裁」の根拠とする、外国為替及び外国貿易法外為法)による規制の趣旨は、「我が国(日本)の平和及び安全の維持」であって*1、決して「北朝鮮敵視」ではないはずです。そうして、コリア半島の和平が進展するなか、今後の朝日和平において在日コリアンの若者が朝鮮と日本の「かけはし」となる点に鑑みれば、税関当局が「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と言わんばかりに朝鮮高校生の朝鮮修学旅行土産を没収するというのは、「我が国の平和及び安全の維持」に資するどころか、むしろマイナスであるといえます。したがって、今回の税関当局による没収は、たとえ「経済制裁」に基づく措置一般に法的根拠があったとしても、法の趣旨を逸脱する不当なものであると言わざるを得ません。

それとも、日本政府は、「北朝鮮」にかかわるものを全て敵視し排除するのが「我が国の平和及び安全の維持」に資するとでもいうのでしょうか。そのような排外主義的で好戦的な態度は、東アジアの和平にとって脅威以外の何ものでもありません。

もっとも、おそらく税関当局も、朝鮮高校生の朝鮮修学旅行土産を没収することが不当であることをうすうす分かっているのでしょう。だからこそ、任意放棄を強要するという卑劣な手段を用いたのだと思います。このような卑劣な手段を用いることは、憲法の適正手続条項に違反するものであって、決して許されるものではありません。

今回の税関当局による没収は、たとえ「経済制裁」(もっとも、私に言わせればそれは「経済制裁」に名を借りた「帝国主義的暴力」です。)に法的根拠があるとしても、朝鮮高校の学生の人権を踏みにじる違憲な処分です。税関当局および経済産業省は、今回の不当没収について朝鮮高校の学生の皆さんに真摯に謝罪し、不当没収を二度と行わないことを確約しなければなりません。

もっとも、今回の問題は、決して税関当局や経済産業省だけの問題ではありません。今回の不当没収のような日本政府の在日コリアンに対する人権侵害を支えているのは、紛れもなく「日本国民」です。「日本国民」が日本政府の在日コリアンに対する人権侵害を許容するから、日本政府の在日コリアンに対する人権侵害が増長するのです。

以上、私は本稿をもって、税関当局による朝鮮高校修学旅行土産の不当没収に断固抗議します。私は、朝鮮高校の学生の人権を踏みにじる日本政府の卑劣な行為を、絶対に許しません。

 

 

*1:外国為替及び外国貿易法 第10条〉 我が国の平和及び安全の維持のため特に必要があるときは、閣議において、対応措置(この項の規定による閣議決定に基づき主務大臣により行われる第16条第1項、第21条第1項、第23条第4項、第24条第1項、第25条第6項、第48条第3項及び第52条の規定による措置をいう。)を講ずべきことを決定することができる。

「旭日旗問題」は、「日本人自身の問題」である。

サッカーの国際試合等でしばしば問題になる「旭日旗の使用」ですが、なぜ旭日旗を使用することが問題なのかと問えば、おそらく日本人の多くは「韓国に非難されるから」と答えるでしょう。そのような答えは、裏を返せば「(旭日旗の使用は)韓国さえ非難しなければ、そもそも何の問題にもならない」と主張するものだといえます。実際に「旭日旗そのものに問題はなく、韓国が旭日旗を戦犯旗だと一方的に問題視するから問題化してしまうのである」などという主張や、「旭日旗は韓国以外の国では特に問題とされていない」などという主張も見受けられます。

旭日旗」に対する問題提起の多くが韓国からなされるのは、たしかにそうでしょう。しかし、私は「旭日旗そのものに問題はなく、韓国が旭日旗を戦犯旗だと一方的に問題視するから問題化してしまうのである」などという主張には、到底賛同できません。

思うに、「旭日旗の使用」は「韓国に非難されるから」問題なのではありません。韓国に非難されようがされまいが、「旭日旗の使用」はそれ自体が問題なのです。つまり、「旭日旗問題」は、「日本人はいつまで過去の日本の侵略戦争を美化し、正当化し続けるのか」という「日本人自身の問題」なのです(なお、旭日旗が過去の日本の侵略戦争の象徴であったという歴史的事実を否定するような言説は、そもそも論外です。)。

繰り返しますが、「韓国が非難するしない」は、そもそも問題ではありません。日本人が本当に過去の侵略戦争と決別したというのならば、韓国に非難されようとされまいと、日本人自らの手で「旭日旗」を焼き払わなければならないのです。しかるに、日本人がなおも旭日旗を振り続けるのであれば、日本人が過去の日本の侵略戦争と決別したというのも所詮は「口からでまかせ」だということになりますが、はたして日本人は本当にそれで良いのでしょうか。

HINOMARU

日本の国旗である「日章旗」に関して、「レイシストが日の丸を差別の象徴にしてしまった」という言説をよく見聞きすることがあります。

たしかに、レイシストがヘイトデモで嬉々として「日の丸」を掲げているのは事実です。しかし、だからといって「レイシストが日の丸を差別の象徴にしてしまった」と言うのは、ある種の「歴史修正主義」ではないでしょうか。つまり、レイシストがヘイトデモで掲げるから「日の丸」が差別の象徴になってしまうのではなく、「日の丸」が元来「そういうもの」だからこそ、レイシストは「日の丸」を「そういうもの」としてヘイトデモで掲げるのである、ということです。

「日の丸」が民族差別の上に成り立つの天皇ファシズム日本帝国主義の象徴であることは歴史的事実です。昨今の「日の丸」に関する議論では、よく「自国の国旗を敬愛して何が悪いのか」ということが言われますが、自国の国旗を自発的に敬愛することが問題なのではありません。敬愛の対象である国旗が「日の丸」であることが問題なのです。「日本国民」は、戦後「日本」が民主化したというのなら、どうして「日本国民」は自らの手で天皇ファシズム日本帝国主義の象徴である「日の丸」を焼き払わなかったのでしょうか。

これと同じことは、「旭日旗」についても言えます。「旭日旗」が海上自衛隊旗として認められているから問題がないのではありません。海上自衛隊旗として「旭日旗」を使用していることが問題なのです。日本は過去の侵略戦争を反省している。海上自衛隊旧日本海軍とは違う」というのなら、どうして「旭日旗」を海上自衛隊旗としたのでしょうか。

敗戦後、たしかに「日本」の憲法は非民主的な「大日本帝国憲法」から民主的な「日本国憲法」へと変わりました。しかし、それによって果たして「日本」は本当に民主化したといえるでしょうか。

「日本」が真の民主化を果たしたと言い得るためには、やはり「日本国民」が自らの手で天皇ファシズム日本帝国主義の象徴である「日の丸」を焼き払う必要があるでしょう。「日本国民」が「自国の国旗を敬愛することの是非」について論じるのはそれからです。

 

 

日本という国は「HINOMARU」を拝まなければ愛せないものなのだろうか。

RADWIMPSの新曲、軍歌のよう?歌詞めぐり議論に
朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASL6D42L6L6DUCVL006.html

 

作詞者である野田洋次郎氏は、ライブで「HINOMARU」を披露した後、「自分の生まれた国を好きで何が悪い!」と叫んだそうです。

思うに、別に自分の生まれた国を好きなのは構いません。しかし、はたして「自分の生まれた国」というものは、天皇や日の丸を崇拝し、あるいは天皇や日の丸を崇拝しない人を排除しなければ愛せないものなのでしょうか。残念ながら、どうやら「日本」という「国民国家」では、天皇や日の丸を崇拝しなければ「国」を愛しているとは認めてもらえないようです。そうだとすると、天皇や日の丸を崇拝しなければ愛することのできない「国」とは、いったい何なのでしょうか。そのような「国」を愛することに、いったいどのような意味があるのでしょうか。

天皇や日の丸を崇拝しなくても、さらに言えば、天皇や日の丸を崇拝することを拒否しても、「日本」と呼ばれる、自分の生まれたこの列島に愛着(誤解のないようにお断りしておきますが、私がここで言う「(「日本」と呼ばれる、自分の生まれたこの列島への)愛着」とは、「郷土の伝統や文化を愛する心情」といったものではありません。)を持つ人はいます。野田氏や「HINOMARU」を支持する彼のファンには、自分の生まれたこの列島にはそのような人もいることを、ぜひ知っていただきたいと思います。そして、「HINOMARU」の歌詞の意味を、今一度よく考えてもらいたいと思います。

なお、私は野田氏や「HINOMARU」を支持する彼のファン、あるいは「ネット右翼」の「愛国」が、偽りのものであるか否かを議論するつもりはありません。なぜなら、「日本」という「国」が今の「日本」という「国」のままであるかぎり、誰が愛したとしても同じだからです。正直なところ、私は「愛国者」のヘゲモニー争いに、いささか辟易しています。

ヘイトスピーチ問題は、「好き嫌い」の問題ではない。

ヘイトスピーチ問題に関して、たとえば「醜悪なマイノリティを嫌いだと言うことさえも許されないのか」と言う人がいたとします。他方、「たとえ醜悪なマイノリティのことが嫌いであっても、マジョリティは醜悪なマイノリティに対して寛容であるべきだ」と言う人がいたとします。もしかすると、前者に反感を覚えるものの、後者には共感を覚える人もいるかもしれません。しかしながら、そもそもどちらの言説も間違っています。なぜなら、ヘイトスピーチ問題は、「好き嫌い」の問題ではないからです。

もし、あなたが「マイノリティは嫌われているからヘイトスピーチを浴びせられる」のだと思っているのならば、どうかその認識を改めてください。マイノリティは、嫌われているからヘイトスピーチを浴びせられるのではありません。マイノリティは、差別されているからヘイトスピーチを浴びせられるのです。

ヘイトスピーチは、「好き嫌い」という個人的な感情や趣味の問題ではありません。ヘイトスピーチは、この社会において客観的に存在する構造的な差別の問題です。もし、ヘイトスピーチが「好き嫌い」の問題だとすれば、つまるところ「個人の勝手」であって仕方がない、ということになるかもしれませんが、そうではなく、この社会において客観的に存在する構造的な差別の問題なのですから、「個人の勝手」であって仕方がない、では済まないのです。

ヘイトスピーチ問題で問われているのは、「醜悪なマイノリティを嫌いだと言うことの許否」ではありません。マイノリティを「醜悪なもの」と見る、マジョリティの「差別的なまなざし」が問われているのです。そうであれば、「マジョリティは醜悪なマイノリティに対して寛容であるべきだ」というのも、マジョリティは寛容云々以前に、マイノリティを「醜悪なもの」と見る「差別的なまなざし」を捨てるべきです。

繰り返し言いますが、ヘイトスピーチ問題は「好き嫌い」の問題ではありません。どうかヘイトスピーチ問題を「好き嫌い」の問題に矮小化するのはやめてください。