あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

「まるで『北朝鮮』のようだ」は、「北朝鮮」に対する批判ではなく、朝鮮に対する悪魔視である。

日本のリベラル派の中には、安倍政権の暴政やNHKの翼賛的な報道を批判するにあたって、「まるで『北朝鮮』のようだ」と朝鮮民主主義人民共和国(以下、朝鮮と略す)を引き合いに出す人が少なからず見受けられます。彼らは、「まるで『北朝鮮』のようだ」というのは「『北朝鮮』を差別しているのではなく、批判しているのだ」と言います。しかし、彼らは勘違いしています。「まるで『北朝鮮』のようだ」というのは、「北朝鮮」に対する批判ではなく、朝鮮を悪魔視するものです。

もっとも、こう言うと彼らは「『北朝鮮』を批判してはいけないのか」と反発するかもしれません。どうか、誤解しないでください。私は、朝鮮を批判するなと言いたいのではありません。私が言いたいのは、朝鮮を悪魔視するなということです。

安倍政権の暴政やNHKの翼賛的な報道を批判するにあたって、なぜわざわざ朝鮮を引き合いに出すのでしょうか。わざわざ引き合いに出さなくても、安倍政権の暴政やNHKの翼賛的な報道は十分に批判できるはずです。それに、そもそも安倍政権の暴政やNHKの翼賛的な報道は、ほかでもない日本の「内なる悪」です。しかるに、日本国民が日本を「内なる悪」を朝鮮に背負わせて悪魔視するというのは、リベラル派が安倍政権を批判するにあたって「主権者」であることを強調するのであれば、それこそ「主権者」の態度として無責任であると言わざるを得ません。それとも、まさか朝鮮を悪魔視することも「主権者」の権利だとでも言うのでしょうか。

朝鮮に対する悪魔視は、たしかにそれ自体は朝鮮に対する差別ではないかもしれません(もっとも、朝鮮を差別しているからこそ、平気で朝鮮を悪魔視できるのでしょう。)。しかし、それは決して差別と無関係ではありません。つまり、朝鮮に対する悪魔視は、「非理性的な存在である悪魔・朝鮮を差別することには『理』がある」と差別を正当化せんとし、また、「朝鮮」を悪魔的な記号とすることで在日朝鮮人とその団体に対する差別やヘイトクライムを助長します。その具体例は、日本の政府と自治体による朝鮮学校差別*1国際政治学者の「スリーパーセル」発言*2、チマ・チョゴリ切り裂き事件*3レイシストによる朝鮮学校襲撃事件*4、右翼による朝鮮総連銃撃事件*5などなど、枚挙にいとまがありません。

日本のリベラル派が平気で朝鮮を悪魔視できるのは、つまるところ朝鮮を蔑視しているからですが、その「朝鮮蔑視」観とその裏返しとしての優越感こそ、まさに朝鮮を侵略し植民地支配した日本の帝国意識を支えてきたものです。そして、今も継続する日本帝国主義によって生み出されたものが、まさにリベラル派が批判する「アベ政治」なのです。つまり、平気で朝鮮を悪魔視するリベラル派には、安倍政権を批判する資格がないということです。

もしかすると、安倍政権を批判するにあたり朝鮮を引き合いに出すリベラル派は、「『北朝鮮悪魔視』が多くの国民の共感を呼ぶことで、結果として安倍政権を倒すことができるのであれば、それでいいじゃないか」と言うかもしれません。しかし、もしそれで安倍政権を倒すことができたとしても、リベラル派が批判する「アベ政治」を終わらせることは決してできないでしょう。リベラル派は、本当に「アベ政治」を終わらせたいのであれば、日本の「内なる悪」を朝鮮に背負わせるのではなく、それと真摯に向き合うべきです。「アベ政治」というのは、まさに戦後の日本が「内なる悪」と真摯に向き合わずにやり過ごしてきた「結果」なのですから。