あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

「旭日旗問題」は、日本人自身の問題だ。

旭日旗問題」に関して、韓国人だからといってみんながみんな旭日旗を問題視するわけではなく、旭日旗を問題視しない韓国人もいることでしょう。しかし、だからといって日本人が「旭日旗を問題視しない韓国人もいるのだから、旭日旗を使うことになんら問題はない」と言うのは、「旭日旗問題」の本質を履き違えています。

旭日旗は、韓国人に問題視されなければ問題がないというものではありません。旭日旗が日本軍国主義の象徴であるのは、アジアを侵略した日本軍の軍旗(軍艦旗)だからです、つまり、旭日旗を日本軍国主義の象徴にしたのは、ほかならぬ日本です。そうである以上、本当に日本(日本人)が軍国主義と決別したというのであれば、韓国人が問題視しようがしまいが、旭日旗を使うべきでありません。しかるに、旭日旗を使い続けることは、日本(日本人)がいまだ軍国主義と決別できていないと言わざるを得ません。

旭日旗問題」は、日本(日本人)が軍国主義と決別したかどうかという、日本人自身の問題です。すなわち、日本人であるあなたが「旭日旗問題」で問われているのは、あなた自身が旭日旗に対してどのような態度をとるか、つまり旭日旗によって象徴される日本軍国主義に対してどのような態度をとるかであり、もしあなたが旭日旗を許容するのであれば、軍国主義者とのそしりを免れないでしょう。