あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

旭日旗は、排外主義者が使うから排外主義の象徴なのではない。

旭日旗を「排外主義者が排外デモで使うことによって排外主義の象徴にされてしまった」、あるいは「日本の侵略戦争を美化し、正当化する安倍政権や極右主義者が軍国主義の象徴にしてしまった」という人がいます。たしかに、排外主義者や極右主義者が旭日旗を好むというのはその通りです。しかし、だからといって排外主義者や極右主義者が旭日旗を排外主義あるいは軍国主義の象徴にしてしまったというのは正しくありません。

旭日旗軍国主義の象徴であるのは、それがアジアを侵略した日本軍の軍旗(軍艦旗)だからです。つまり、旭日旗軍国主義の象徴にしたのは安倍政権や極右主義者ではなく大日本帝国であり、安倍政権や極右主義者が日本の侵略戦争を美化・正当化する以前から旭日旗軍国主義の象徴であったということです。そして、旭日旗がアジアを侵略した日本軍国主義の象徴であるからこそ、外国人排斥を叫ぶ排外主義者が排外デモで旭日旗を好んで使うのです。

旭日旗を「排外主義者が排外デモで使うことによって排外主義の象徴にされてしまった」と言う人は、もしかすると自衛隊旭日旗自衛隊旗自衛艦旗)として使うことは何ら問題ではないと考えるかもしれません。しかし、私はその考えに賛同しません。おそらく、彼は「自衛隊は、旧日本軍とは違うのだから問題ない」と言うでしょう。けれど、本当に自衛隊が旧日本軍と違うのであれば、どうしてアジアを侵略した日本軍国主義の象徴である旭日旗を使うのでしょうか。自衛隊が日本軍国主義の象徴である旭日旗を使っているというのは、つまり日本は未だ軍国主義を克服していないということであると言わざるを得ません。

このように、旭日旗問題というのは、つまるところ日本が軍国主義を克服するか否かという、日本自身の問題です。しばしば右派は「韓国が批判しなれば旭日旗が問題となることはなかった」と言いますが、それは問題の本質を誤解しています。日本が「日本国は大日本帝国とは違う」と言う以上、韓国に批判されようとされまいと、旭日旗は問題となるのです。