あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

民族差別は「構造」の問題であり、「構造」が生み出すマジョリティの問題である。

「私は在日3世」。彼女は手を震わせながら、渋谷で聴衆の前に立った。

https://www.buzzfeed.com/jp/kensukeseya/korean-action-1

 

「私たちはいま、生きるか死ぬかの瀬戸際にいると思っています。今の時代は、個人情報を簡単に渡せるので、突然いろんな人がやってきて、連れ出されて殺されるってことも想像しています」という在日コリアン3世の訴えを、「日本人を『潜在的な殺人者』扱いする、不快な発言だ」と言う人が少なからずいるようです。

たしかに、「日本人は『潜在的な殺人者』だ」と言われたら、不快に感じる日本人の属性を持つ人も少なくないかもしれません。しかし、前出の在日コリアン3世の訴えを「日本人を『潜在的な殺人者』扱いするものだ」などと言うのは、民族差別問題の本質を誤解しています。

民族差別問題は、「日本人」という属性に由来するものではなく(しばしば「日本社会の民族差別は、日本人の民族性に由来するものだ」などと言う人がいますが、それは間違いです。)、「日本社会」の「構造」的な問題です。つまり、差別によってマイノリティを殺すのは「日本社会」だということです。そして、「日本人」の属性を持つマジョリティが問われるのは、「日本社会」による殺人に加担するか否か、あるいは人を殺すような社会を自らの手で変えるか否かであり、前出の在日コリアン3世の訴えも、まさにそれをマジョリティに問うているのだと思います。

そもそも、マジョリティの属性を持つ人間も、決して生来的にマジョリティなのではありません。マジョリティをマジョリティたらしめるのは社会の「構造」であり、それがマイノリティを生み出し、抑圧し、いざとなれば殺してしまうのです。それゆえに、マジョリティは何もしなくてもマジョリティである以上「マイノリティ殺しの加担者」になりうるのであって、その点では(「日本人」ではなく)マジョリティが「潜在的な殺人者」だというのは、決して間違いではありません。しかし、マジョリティも一人ひとり「自由な人間」なのですから、「マイノリティ殺しの加担者」になることを拒否することができます。だからこそ、マジョリティは「マイノリティ殺しの加担者」になることを積極的に拒否し、さらにはマジョリティを「マイノリティ殺しの加担者」たらしめんとする「構造」をこわしていかなればならないのです。そして、そのためにもマジョリティは、なによりもまず(前出の在日コリアン3世の訴えのような)マジョリティがマジョリティであるがゆえに「マイノリティ殺しの加担者」になりうることの自覚を促すマイノリティの声を真摯に受け止めなければならないのです。それをせずに、マイノリティの声を「日本人を『潜在的な殺人者』扱いする、不快な発言だ」などと言ってその声を黙らせようとするのであれば、やはり「(潜在的な)マイノリティ殺しの加担者」であるとの謗りを免れないでしょう。

ところで、民族差別は社会の「構造」の問題なのですから、それはマイノリティが個人の努力でどうにかするような問題ではありません。それゆえ、「マイノリティが差別されるのは自己責任である」などというのは、全くもって馬鹿げた話です。また、「マイノリティは、差別をなくしたければマジョリティの共感を得られるように努力すべきである」などというのもお門違いです。前述のとおり、マジョリティは「マイノリティ殺しの加担者」になることを積極的に拒否し、さらにはマジョリティを「マイノリティ殺しの加担者」たらしめんとする「構造」をこわしていかなればならないのですから、差別を克服する努力を求められるのはマイノリティではなく、むしろマジョリティだということです。つまり、民族差別は、ほかならぬマジョリティの問題なのです。