あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

「マイノリティは味方をつくる努力をしろ」と言う前に、まずはマイノリティを踏みつけているその足をどけろよ、マジョリティは。

日本社会の差別に声を上げるマイノリティに対して、「日本社会の差別をなくしたければ、マジョリティを敵ではなく味方にする努力をすべきだ」と言うマジョリティがいます。おそらく彼は、穏当な意見を言ったつもりなのでしょう。しかし、それは穏当であるどころか、むしろ傲慢であるといえます。

「日本社会の差別をなくしたければ、マジョリティを敵ではなく味方にする努力をすべきだ」と言うマジョリティは、大きな勘違いをしています。人権は、国から恩恵として与えられるものではなく、人間が人間であることから当然に有する権利であり、それはマイノリティの人権でも変わりありません。それゆえに、マジョリティの機嫌の良し悪しにかかわらず、マイノリティは差別されてはならないのです。つまり、日本社会の差別をなくすために努力しなければならないのは、ほかならぬマジョリティなのであり、マジョリティがマイノリティに努力を求めるのはお門違いもいいところです。それに、「マイノリティは、差別されたくなければマジョリティの機嫌を損ねるようなまねをするな」というのは、それこそ差別であり、何ら差別の解消にはなりません。

マジョリティの中には、他にも「差別をやめろ」という声を「敵と味方をつくり、日本社会を分断するものだ」と言う人がいます。彼もまた穏当な意見を言ったつもりなのでしょうが、しかし、それは差別というマイノリティの日本社会からの排除を正当化するための詭弁にほかなりません。

マジョリティは、もし「力」を持った他のマジョリティから踏みつけられたら、「私を踏みつけているその足をどけろ」と要求するでしょうし、彼にはそう要求する権利があります。もっとも、彼にそのような権利があるのは、彼がマジョリティだからではなく、一人の人間だからです。同様に、一人の人間であるマイノリティにも、もしマジョリティから踏みつけられたら、「私を踏みつけているその足をどけろ」と要求する権利が当然にあります。そして、マジョリティは他者に「私を踏みつけているその足をどけろ」と要求するのであれば、自分もマイノリティを踏みつけているその足をどけなければならないのです。なぜなら、人権はマジョリティの「特権」ではないのですから。つまり、一人の人間として社会で他者から踏みつけられずに生きることに、マジョリティもマイノリティも関係ないのです。

先に述べたように、日本社会の差別をなくすために努力しなければならないのは、マイノリティではなく、ほかならぬマジョリティです。日本社会の差別をなくすために、マジョリティが何よりもまず行うべきなのは、マイノリティに対して「味方をつくる努力をしろ」などと言うことではなく、マイノリティを踏みつけているその足をどけることです。