あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

「靖国神社での軍装コスプレ大会」について思うこと

togetter.com

 

8月15日の「敗戦記念日」に靖国神社を舞台に繰り広げられる「軍装コスプレ大会」について、「戦没者を静かに追悼する場である靖国神社でこんなことをするなんて、不謹慎にもほどがある」と眉を顰める人は少なくないでしょう。

たしかに、私も「軍装コスプレ大会」には忌避感を覚えます。しかし、私は決してそれが不謹慎だとは思いません。むしろ、「軍装コスプレ大会」は、靖国神社の「本来あるべき姿」だと思います。なぜなら、靖国神社は「戦没者を静かに追悼する場」ではなく、「天皇の赤子」として「天皇の国」のために戦争で殺し殺されることを顕彰する施設であるからです。

靖国神社での「軍装コスプレ大会」を「不謹慎だ」と批判する人は、問題の本質を少し誤解しています。8月15日の「敗戦記念日」に靖国神社で「軍曹コスプレ大会」をすることが問題なのではありません。敗戦によって民主的な平和国家に生まれ変わったはずの日本に、「天皇の赤子」として「天皇の国」のために戦争で殺し殺されることを顕彰する施設である靖国神社が今も存続していることが問題なのです。

リベラル派の中には、「『英霊』たちは戦争で国に殺された被害者なのだから、自分を殺した国の手で靖国神社に祀られたくなんてないはずだ」と言う人もいます。たしかに、「英霊」として祀られている若者たちが戦争で国に殺された被害者としての一面を持つことは、その通りです。しかし、彼らは、決して靖国神社に祀られることを望まなかったのではありません。むしろ、「天皇の国」によって彼らは、「天皇の赤子」として「天皇の国」のために戦争で殺し殺され、「英霊」として靖国神社に祀られることを望むような人間にされてしまったのです。そして、「天皇の赤子」として「天皇の国」のために戦争で殺し殺されることを美化し、称えることで、若者たちを「天皇の赤子」として「天皇の国」のために戦争で殺し殺されることを望むような人間にするための施設が、ほかならぬ靖国神社なのです。このような靖国神社の本質が今も変わらないことは、戦争を賛美する宝物館である「遊就館*1の存在に鑑みれば明らかです。

中国の周恩来元首相は、「日本人民も日本軍国主義の被害者だ」という旨の言葉を残しました。反戦平和を訴える文脈において、周恩来氏のこの言葉を持ち出す日本人も少なくありません。たしかに、日本人が日本軍国主義の被害者としての一面を持つことは、その通りです。しかし、日本人は「我々日本人も日本軍国主義の被害者だ」と言う前に、まずは日本軍国主義を賛美する靖国神社をなくすべきです。日本軍国主義を賛美する靖国神社を存続させながら、「我々日本人も日本軍国主義の被害者だ」と言うのは、欺瞞でしかありません。