あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

平和の少女像を「不快だ」と言う日本国民へ

f:id:yukito_ashibe:20190804113942j:plain

 

名古屋、あいちトリエンナーレ「平和の少女像」展示中止 : 日本•国際 : hankyoreh japan

 

「表現の不自由展・その後」の展示中止に賛成する日本国民のみならず、反対する日本国民の中にも、平和の少女像を「不快だ」と言う人が少なくありません。彼らは、なぜ平和の少女像を「不快だ」と言うのでしょうか。

思うに、彼らは平和の少女像を「反日の象徴」だと捉えています。そもそも「反日」という概念それ自体がナンセンスですが、それはさておき、彼らのその認識は正しくありません。平和の少女像は、その名のとおり「平和の象徴」であり*1、さらに言えば、それは戦時性暴力の否定という普遍的価値を象徴するものです。そのような趣旨の平和の少女像が「反日の象徴」であるならば、戦時性暴力の肯定が日本社会の支配的な価値観だということになりますが、日本国民は本当にそれで良いのでしょうか。

おそらく、多くの日本国民は、平和の少女像を敵視する日本のマスメディアの報道を通じて平和の少女の存在を認知するだけで、平和の少女の「声」に耳を傾けたことがないでしょう。「表現の不自由展・その後」は、日本国民が平和の少女の「声」に耳を傾けることができる貴重な機会でした。しかし、その機会は、平和の少女の「声」を封殺せんとする卑劣な暴力によって奪われてしまいました。

平和の少女像が戦時性暴力の否定という普遍的価値を象徴するものであることに鑑みれば、平和の少女が日本国民に問うているのは、まさに「日本国民が戦時性暴力の否定という普遍的価値を共有するか否か」です。そうであれば、平和の少女像を不快に感じることなどないはずです。しかるに、平和の少女像をなおも「不快だ」と言う日本国民は、つまるところ戦時性暴力の否定という普遍的価値を共有したくないということなのでしょう。なお、この点に関しては、「表現の不自由展・その後」に対する弾圧を批判する“リベラル”派の中にも、批判するに際して「少女像の賛否はさておき」ということを付け加えずにいられない人が少なくありません。そのような“リベラル”派は、戦時性暴力を肯定するのでしょうか。あるいは、戦時性暴力に対して「どっちつかず」の態度をとるのが“リベラル”なのでしょうか。もしそうであるならば、もはや“リベラル”は私にとって唾棄すべきものでしかありません。

もっとも、平和の少女像をなおも「不快だ」と言う日本国民は、「私は戦時性暴力を肯定しないが、しかし、従軍慰安婦問題がすでに解決しているにも関わらず、なおも日本を非難し続けるから不快なのだ」と言うかもしれません。たしかに、安倍首相も日本軍性奴隷制問題に関しては「お詫びと反省」を表明しています*2。しかし、日本の政府や議員あるいは保守論客が、日本軍性奴隷制問題を矮小化ないし正当化するといった「お詫びと反省」と矛盾する態度をとるからこそ、日本軍性奴隷制問題はいつまでも解決せず、それゆえに平和の少女は「声」を上げ続けなければならないのです。そして、今般のように卑劣な暴力によって平和の少女の「声」が封殺されたことが、日本軍性奴隷問題が何一つ解決していないことのなによりの証左です。

今般の「表現の不自由展・その後」に対する弾圧の「中心人物」ともいえる河村たかし名古屋市長は、平和の少女像を「どう考えても日本国民の心を踏みにじるものだ」と言います*3。「日本国民の心を踏みにじるもの」ですって?それは違いますよ。日本軍性奴隷制被害者の尊厳を踏みにじってきた日本国民の虚栄心が、平和の少女像によって打ち砕かれるのでしょうよ。それとも、戦時性暴力を肯定するのが「日本国民の心」なのでしょうか。

さて、今般の「表現の不自由展・その後」に対する弾圧については、決して看過してならないことが一つあります。それは、平和の少女像のみならず、いわゆる「天皇コラージュ」*4も不当な圧力と卑劣な暴力の標的にされたということです。日本の戦時性暴力は、ほかならぬ「天皇の軍隊」によるものですが、「天皇の絶対性」を侵犯する芸術作品が不当な圧力と卑劣な暴力の標的にされたということは、天皇の軍隊による戦時性暴力の根底にある「天皇の絶対性」を、日本社会が未だ克服していないことを如実に表しています。つまり、今般の「表現の不自由展・その後」に対する弾圧は、単に「表現の自由」や「アベ政治」の問題にとどまるものではなく、いまだ克服されないできた日本の帝国主義と、それによって日本国民の自己のうちに内面化された植民地主義が、根本的に問われているのです。

以上、本稿をもって「表現の不自由展・その後」を中止に追いやった不当な圧力と卑劣な暴力に断固抗議します。