あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

「日韓関係悪化」の根本原因は、「ナショナリズムの衝突」などではない。

昨今の「日韓関係の悪化」について、日本国民の中には「日韓の政治対立は、ヘイトスピーチを繰り返して日本人の『嫌韓』感情を煽る日本のネット右翼と、歴史問題を繰り返し持ち出して韓国人の『反日』感情を煽る韓国の市民という、日韓双方の『偏狭なナショナリスト』を利することになる」と言う人がいます。つまり、彼は「日韓関係の悪化」の根本原因を日韓双方の「ナショナリズムの対立」だと捉えているわけです。

日本の「ネット右翼」によるヘイトスピーチが排外主義的なナショナリズムの発現であるというのは、たしかにそのとおりでしょう。しかし、だからといって、「日韓関係の悪化」の根本原因を日韓双方の「ナショナリズムの対立」だと捉えるのは、正しくありません。なぜなら、歴史問題に関する韓国市民の日本に対する抗議は、日帝植民地支配下での人権侵害に対する抗議であって、日本の「ネット右翼」によるヘイトスピーチとは違い、排外主義的なナショナリズムの発現などではないからです。

歴史問題に関する韓国市民の日本に対する抗議を「反日ナショナリズムの発現」だと言う日本国民は、韓国市民が日本軍性奴隷制日帝強占期強制動員の被害者を「反日」のために利用していると、しばしば主張します。彼は、日本軍性奴隷制日帝強占期強制動員といった日本の加害そのものは認めているのですから、その点では"リベラル"なのでしょう。しかし、はたして彼は、一度でも被害者の「声」に真摯に耳を傾けたことがあるでしょうか。もし一度でも被害者の「声」に真摯に耳を傾けたことがあれば、韓国市民が日本軍性奴隷制日帝強占期強制動員の被害者を「反日」のために利用していると主張することなどできないはずです。

それ以前に、そもそも「日韓関係の悪化」の根本原因を日韓双方の「ナショナリズムの対立」だと捉えていることが、彼の「歴史に対する不誠実さ」を如実に表しています。ご存じのように、昨今の「日韓関係の悪化」の端緒は、日本軍性奴隷制問題(日本軍「慰安婦」問題)や日帝強占期強制動員問題(徴用工問題)ですが、先にも述べたように、これらは本来、日帝植民地支配下での人権侵害の問題であって、国家間の政治的な対立の問題ではありません。*1しかるに、日帝植民地支配下での人権侵害の問題を国家間の政治的な対立の問題にすり替えるのは、つまるところ、日帝植民地支配下での人権侵害という日本の加害の歴史を忘却するためなのでしょう。

もっとも、日本軍性奴隷制問題や日帝強占期強制動員問題を「日韓の政治的な対立の問題」だと捉える日本国民は、「日韓の過去の不幸な歴史は否定しないが、しかし、従軍慰安婦問題も徴用工問題も日本はお詫びと反省をしているのに韓国が蒸し返すから、日韓関係が悪化するのだ」と言うでしょう。たしかに、安倍首相も日本軍性奴隷制問題に関しては「お詫びと反省」を表明しています*2。しかし、だからといって「韓国が蒸し返す」というのは、正しくありません。安倍氏の「お詫びと反省」にもかかわらず、いつまでも問題が解決しないのは、「韓国が蒸し返す」からではなく、日本の政府や議員あるいは「保守論客」が、日帝の植民地支配を美化あるいは正当化するといった「お詫びと反省」と矛盾する態度をとるからです。つまり、「日韓関係の悪化」の根本原因は、いつまでも日本の加害の歴史と真摯に向き合わない日本にあるのです。

日本国民が、「日韓関係の悪化」を真剣に憂い、真の友好関係を築くことを望むのであれば、何よりもまず日帝の植民地支配という日本の加害の歴史と真摯に向き合い、自己のうちに内面化された植民地主義を克服し、そして政府や右派による日帝の植民地支配の正当化を徹底的に批判することが必要です。しかるに、それをせず、歴史問題に関する韓国市民の日本に対する抗議を「反日ナショナリズムの発現」だと誹謗して告発を無力化せんとする日本国民は、つまるところ「日韓友好」に託けて日本の加害の歴史を都合よく忘れたいだけなのでしょう。残念ながら、そう思わざるを得ません。