あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

「今上天皇はいい人です」と、リベラル派も言うけれど……。

www.asahi.com

 

いわゆる「保守派」だけでなく「リベラル派」の中にも、「今上天皇はいい人だ」と言う人が少なくありません。そして、そのような人は、しばしば「天皇制そのものが悪いのではない、安倍のような悪人が天皇を政治利用するのが悪いのだ」と言います。安倍氏天皇を政治利用しているのは、たしかにその通りです。しかし、「天皇制そのものが悪いのではない、安倍のような悪人が天皇を政治利用するのが悪いのだ」と言う人は、誤解しています。「安倍のような悪人が政治利用する」から、天皇制が悪しき制度となってしまうのではありません。そもそも天皇制は、「安倍のような悪人が政治利用する」ためにつくられた制度です。つまり、安倍氏は、天皇制の本来の使い方をしているだけなのです。

それでも、きっと「今上天皇はいい人だ」と言うリベラル派の人は、「今上天皇はいい人なのだから、安倍のような悪人にさえ利用されなければ、天皇制は良い制度であるはずだ」と言うでしょう。しかしながら、彼は天皇制に関する議論の本質を誤解しています。天皇制という制度そのものの是非を論じるにあたって、天皇明仁氏がいい人であるかどうかは、問題にはなりません。たとえ天皇明仁氏がいい人であろうと、天皇制が差別の根源でなくなるわけではないのですから。天皇制に関する議論は、いわば神輿それ自体の良し悪しの問題であって、神輿に乗っている人物の良し悪しなど、はっきり言ってどうでもいい話です。

ところで、天皇明仁氏は本当に「いい人」なのでしょうか。この点について、おそらく「今上天皇はいい人だ」と言うリベラル派の人は、「今上天皇は、平和を愛する立派なお方であることは、これまでの陛下のお姿やおことばを拝見すれば明らかである。そして、今上天皇が平和を愛する立派なお方であるからこそ、日本を代表するリベラル紙である朝日新聞世論調査で、76%が皇室に親しみを持っていると回答したのである」と言うでしょう。正直なところ、私は天皇明仁氏が本当に「いい人」なのかどうか知りませんが、ただ、76%が「皇室に親しみを持っている」と回答した朝日新聞世論調査の結果は、象徴天皇制の下では、ある意味で当然のものだと思います。なぜなら、象徴天皇制の下では、マスメディアが皇室を賛美する一方で天皇制に批判的な報道をせず、国家や国民が天皇制を批判する人民を異分子として排除しようとするのですから。つまり、天皇を「いい人」に見せる演出というのは、まさに象徴天皇制から要請されるものだということです。象徴天皇制を批判しながら「今上天皇を『いい人』だと言って何が悪い」と言ってはばからないリベラル派の人は、このことを理解しておらず、それゆえ彼の象徴天皇制批判は、残念ながらうわべだけのものだと言わざるを得ないでしょう。

今上天皇はいい人」という国民の認識は、たしかに無邪気なものかもしれません。しかし、その無邪気な認識が、差別の根源である天皇制を支えているのです。リベラル派の皆さんは、晋三氏や昭恵氏を「いい人」に見せるマスメディアの演出には疑問を感じることができるのですから、それと同様に、明仁氏や美智子氏を「いい人」に見せるマスメディアの演出にも疑問を感じてみてはいかがでしょうか。もっとも、こう言うと、聡明なリベラル派の方に「天皇は政治的な権能を持たないのだから、民主主義の下では天皇制に批判的な報道をする必要などない」と反論されるかもしれません。たしかに、政治的な権能を持たない点に鑑みれば、明仁氏は安倍氏と全く同じではないでしょう。しかし、民主主義云々を言うのであれば、それこそマスメディアが批判的に報道できない(いわゆる「菊タブー」)天皇制など、そもそも民主主義の下では必要ないのです。