あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

「三・一運動」から100年を迎えて

f:id:yukito_ashibe:20190228202319j:plain

今日3月1日は、日帝による植民地支配下の朝鮮の人民が、日帝による植民地支配からの独立を求めて立ち上がった「三・一運動」を記念する日である、「三一節」です。そして、本年2019年は、1919年の「三・一運動」から100年の節目の年です。

「三一節」について、おそらく多くの日本国民の認識は、「よその国の記念日」あるいは「他人事」だというものでしょう(もっとも、「三一節」を知らない日本国民も少なからずいるでしょうが……)。それどころか、「いまいましい反日イベント」だという認識の日本国民も少なくないかもしれません。事実、ある「情報番組」のコメンテーターは「日本は3月1日まではできるだけ感情的にならないようにし3月1日を過ぎてから言いたいことを言うべき」*1だなどと、「三一節」をまるで日本を襲う嵐かなにかのように語っています(それにしても、「三一節」がどのような記念日であるかを都合よく忘れた、なんとも呆れた発言です。)。

しかしながら、「三一節」は日本国民にとって、はたして本当に「他人事」なのでしょうか。あるいは、「いまいましい反日イベント」なのでしょうか。

思うに、「三一節」を「他人事」と捉える日本国民の認識は、あまりにも無責任です。なぜなら、「三・一運動」は、ほかならぬ日帝による植民地支配からの独立運動なのですから。つまり、「三・一運動」は、日本国民が真摯に向き合うべき「日本の負の歴史」の一つであり、そして「三一節」は、日本国民が「日本の負の歴史」と真摯に向き合うための日なのです。

「三一節」を「日本国民が『日本の負の歴史』と真摯に向き合うための日」であると言うと、きっと日本国民の多くは「日本はいつまで過去の過ちを反省しなければならないのだ」と反発するでしょう。「三一節」を「いまいましい反日イベント」と捉えるのも、「韓国はいつまでも過去のことを蒸し返しやがって」という気持ちがあるからだと思います。

しかし、まず「日本はいつまで過去の過ちを反省しなければならないのだ」と反発する日本国民は、大きな誤解をしています。日本国民が「日本の負の歴史」と真摯に向き合うのは、かつて日帝に加害された国や民族(そして、日本政府とそれを支える国民が、日本軍性奴隷制日帝による朝鮮人強制動員といった、日帝による植民地犯罪の正当化に腐心し続けることで、今もなお加害され続ける国や民族)のためにするのではありません。それは、ほかならぬ日本国民が、日本帝国主義と永久に決別するためにするのです。そうであれば、「日本はいつまで過去の過ちを反省しなければならないのだ」などと言うのは、全くもってナンセンスです。「日本の負の歴史」と真摯に向き合うことに、「いつまで」などという期限はありません。日本国民が「いまの日本は大日本帝国とは違う」と言うのであれば、むしろいつまでも「日本の負の歴史」と真摯に向き合い続けるべきです。

また、「韓国はいつまでも過去のことを蒸し返しやがって」というのも、これまた大きな誤解です。韓国がいつまでも過去のことを蒸し返しているのでありません。日本政府とそれを支える国民が、日本軍性奴隷制日帝による朝鮮人強制動員といった、日帝による植民地犯罪の正当化に腐心し続けるから、日帝による植民地犯罪の被害者と被害者を支える韓国の市民は、日帝による植民地犯罪を告発し続けなければならないのです。そして、日帝による植民地犯罪の被害者と被害者を支える韓国の市民が、日帝による植民地犯罪を告発し続けるのは、それが反植民地主義ないしは個人の尊厳という価値の実現に資するからです。しかるに、日本国民が日帝による植民地犯罪を告発を「反日」だなどと誹謗するというのは、反植民地主義ないしは個人の尊厳という価値を共有しないということなのでしょうか。もしそうであれば、日本国民はおよそ日本帝国主義と決別したとはいえません。

f:id:yukito_ashibe:20190228202453j:plain

三・一運動」100周年に関して、日本では、「三・一運動」100周年があたかも「反日キャンペーン」であるかのような印象を国民に植え付け、韓国に対する憎悪を煽るような報道が連日なされています*2*3。残念ながら、そのような国を挙げての煽動に煽られて、韓国に対する憎悪を増幅させてしまっている国民も少なくないかもしれません。しかし、本稿をここまでお読みいただければ、「三・一運動」100周年が「反日キャンペーン」などではないことは、容易にお分かりいただけると思います。先に述べたように、「三一節」は、日本国民が「日本の負の歴史」と真摯に向き合うための日です。そうであれば、「三・一運動」100周年は、「反日キャンペーン」どころか、むしろ(残念ながら、いまだ日本帝国主義と決別することができたとはいえない)日本国民が、日本帝国主義と決別し、真の民主化を獲得するための大切なきっかけであるといえるでしょう。

f:id:yukito_ashibe:20190228202256j:plain