あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

日本軍性奴隷問題は「国家間の問題」ではない。

f:id:yukito_ashibe:20180509201540j:plain

 

どうやら、日本軍性奴隷問題を日本と韓国の「国家間の問題」と捉えている人が少なくないようです。

もっとも、日本のマスメディアの報道に接していれば、そのように捉えてしまうのも無理はないのかもしれません。しかし、「国家間の問題」と捉えるのは、日本軍性奴隷問題の本質を見誤っています。

日本軍性奴隷問題は、日本と韓国の「国家間の問題」ではなく、「〈国家〉対〈被害者(と被害者を支える市民)〉」の問題です。だからこそ、被害者を支える日本の市民は未だ国家責任を認めず真摯に謝罪しない日本政府を批判し、被害者を支える韓国の市民は被害者を蔑ろにして日本政府と不当な合意を結んだ朴槿恵政権を批判するのです。

いわゆる「慰安婦問題日韓合意」についても、韓国政府はあくまでも被害者の「代理人」です。したがって、日本軍性奴隷問題において韓国政府がいちばんに考えなければならないのは、「国益」などではなく「被害者の尊厳回復」です。しかるに、朴槿恵政権は、「米日韓三角軍事同盟の維持・発展を目的とする『日韓65年体制』の維持」という「国益」のために、被害者を蔑ろにして日本政府と不当な合意を結びました。それゆえ、朴槿恵政権は被害者を支える韓国の市民に批判されたのです。

このように、日本軍性奴隷問題は、日本と韓国の「国家間の問題」ではありませんが、ただ、ひとつ忘れてはならないことがあります。それは、日本と韓国の「国家間の問題」ではないからといって、日本国民が「日本国民としての責任」を免れるわけではないということです。たしかに、「国家=国民」ではありません。しかし、日本という国家において「国民」が主権者であるならば、「国民」には主権者として、日本という国家が負う日帝の加害責任について「日本国民としての責任」を負っているはずだからです。もっとも、「日本国民としての責任」というのは、国家責任を認めず真摯に謝罪しない日本政府に代わって日本国民が被害者に謝罪して賠償することではありません。「日本国民としての責任」というのは、日本軍性奴隷問題という日本による加害の歴史と向き合い、日本政府に国家責任を認めさせて真摯に謝罪させることです。

日本軍性奴隷問題が「〈国家〉対〈被害者(と被害者を支える市民)〉」の問題だということは、すなわち、それは「被害者の尊厳回復」という人権の問題だということです。そうであれば、「慰安婦問題で、日韓関係が冷え込んでいる」などというのが、いかに的外れであるかがよくわかるでしょう。「被害者の尊厳回復」という人権の問題で、「日韓関係が冷え込む」などというのは、本来であればおかしなことです。なぜなら、日韓両国がどちらも真剣に「日本軍性奴隷制被害者の尊厳回復」を志向しているのであれば、「日韓関係」が冷え込むはずがないのですから。それなのに「日韓関係が冷え込む」というのは、つまるところ日本政府が日本軍性奴隷問題の正当化に腐心し、国家責任を認めず真摯に謝罪しないからです。

国家責任を認めて真摯に謝罪することを日本政府に求めるのは「反日」的態度だと言う日本国民が少なくありませんが、そのようなことを臆面もなく言う日本国民は、いい加減気づくべきです。愛する「日本」のことを、「反人権国家」だと貶めていることに(もっとも、日本の国家としての威厳や名誉など、日本軍性奴隷制被害者の尊厳や名誉に比べれば、まったくもって取るに足らないものですが。)。

日本の市民であるあなたは、どうか誤解しないでください。日本軍性奴隷制被害者と、被害者を支える韓国の市民は、あなたに敵対する相手ではありません。あなたが対峙するべき相手は、個人の尊厳を権力で踏みにじり、その非を認めようとしない国家です。そして、あなたがそのような国家と対峙するとき、日本軍性奴隷制被害者と、被害者を支える韓国の市民は、あなたの力強い味方であるはずです。