あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

独立紀念館で考えたこと

過日、韓国を旅した私は、天安にある独立紀念館を訪問しました。

f:id:yukito_ashibe:20180921233604j:plain

独立紀念館は、日本ではしばしば「(韓国国民の)ナショナリズム高揚のための反日施設」だなどと評されます。

もちろん、国立博物館に準ずる施設ですから、「ナショナリズム高揚」的な要素が皆無ではありません。しかし、ここを訪れた日本国民が、その展示をナショナリズムを過剰に煽る、誇張あるいは捏造されたものだと思うのであれば、それは彼がその展示を、韓国を劣ったものとして見下す「日本国民のまなざし」で見ているからではないでしょうか。いったい何を根拠に、彼はその展示をナショナリズムを過剰に煽る、誇張あるいは捏造されたものだと思うのでしょうか。もし彼が近代日本の「正史」を根拠にそう思うのであれば、それはやはり、彼が「コリア停滞史観」によって形作られた「日本国民のまなざし」によって見ているからであるといえます。残念ながら、日本国民は決して「神の目を持つ者」などではありません。そうであれば、可及的に「客観視」するには「他者」の側から見るしかないのです。

そもそも、展示解説の内容の大半が、日本で出版されている岩波新書等の定評ある新書に書かれているレベルのものです(もっとも、日本の歴史修正主義者たちはそれを「自虐史観」だなどと揶揄しますが……)。しかるに、そのようなものをナショナリズムを過剰に煽る、誇張あるいは捏造されたものだと思うというのは、やはり偏見であるといえるでしょう。「日本国民」である私も、ここでは自らの「日本国民」としての偏見が常に問われる感じでした。

f:id:yukito_ashibe:20180921233715j:plain

独立紀念館については、「反日施設」(そもそも、「反日」などという言葉それ自体が傲慢なものですが*1)というのもよく言われることです。日本国民曰く、このようなは「反日施設」や学校での「反日教育」によって、韓国人の日本に対する敵意や憎しみが醸成されるのだ、と。しかし、私はそれは間違いだと思います。思うに、韓国の歴史教育を受けてきた韓国の若い人たちが日本に対して抱くのは、「敵意や憎しみ」などではなく、「加害の歴史に向き合おうとしない日本の政権や国民に対する失望」でしょう。

f:id:yukito_ashibe:20180921233750j:plain

以上、独立紀念館が「(韓国国民の)ナショナリズム高揚のための反日施設」だというのが日本国民の偏見であることがご理解いただけたでしょうか。それでもなお、独立紀念館を「ナショナリズム高揚のための反日施設」だと言うのであれば、日本が自らの手で、国家レベルで日帝の侵略と植民地支配を反省し記憶する場を日本に設けるしかありません。否、むしろ日本は、日帝の侵略と植民地支配を反省し記憶する場を日本に設けるべきであり、それこそがまさに日本が果たすべき「責任」の一つです。