あしべの自由帳

芦部ゆきとが言いたいことを書き綴るだけの、そんな「自由帳」です。

「ヘイトスピーチ、許さない」だけでは、「木を見て森を見ず」である。

政権与党である自民党の議員が「ヘイトスピーチ、許さない」と言ったとして、それを好意的に受け止める人は少なくないでしょう。

もちろん、私はそれを悪いことだと言うつもりはありません。しかし、私はそれを手放しで称賛することに、どうしてもためらいを感じてしまいます。

ヘイトスピーチ、許さない」と言う(政権与党である)自民党の議員は、日本による侵略や植民地支配を正当化せんする日本政府の歴史修正主義的な態度や、朝鮮学校に対する差別政策、あるいは入管当局による差別や人権侵害について、はたしてどのように考えているのでしょうか。もし、彼がそれらについて肯定的に考えているのだとすれば、彼がいくら「ヘイトスピーチ、許さない」と言ったところで、それは欺瞞でしかないでしょう。なぜなら、日本政府の歴史修正主義的な態度も、朝鮮学校に対する差別政策も、入管当局による差別や人権侵害も、どれもヘイトスピーチの「題材」を提供するものであり、あるいはヘイトスピーチに「お墨付き」を与えるものだからです。

誤解がないようにお断りしておきますが、何も私は、自民党議員による「反ヘイトスピーチ」を好意的に受け止める人を冷笑したいのではありません。私が言いたいのは、ヘイト団体やヘイトメディアによるヘイトスピーチだけを問題視して、自民党政権歴史修正主義的な態度や民族差別政策を等閑視するというのは、「木を見て森を見ず」であるということです。もちろん、ヘイト団体やヘイトメディアを批判することも大切ですが、しかし、自民党の議員が、もし本当に「ヘイトスピーチ、許さない」のであれば、なによりもまず自党の歴史修正主義的な態度や民族差別政策を批判すべきです。しかるに、それができないのならば、自民党議員の「ヘイトスピーチ、許さない」は、政権与党の歴史修正主義的な態度や民族差別政策から市民の目をそらし、あるいは差別に反対する市民の“ガス抜き”をするものでしかないでしょう。

もしかすると、リベラルの方の中には、拙稿の見解を「ヒネクレた見方」であると思う方もおられるかもしれません。あるいは、「自民党だからと全否定するのは、悪しきセクト主義だ」と批判する方もおられるでしょう。私はセクト嫌いなので「悪しきセクト主義だ」との批判は心外ですが、ただ、たしかに私はヒネクレ者ですから、拙稿の見解を「ヒネクレた見方」であるという批判は甘受しましょう。しかし、むしろ私は、本稿で述べた点を看過して自民党議員による「反ヘイトスピーチ」を手放しで称賛する声に、どうしても「危うさ」を感じてしまうのです。