あしべの自由帳

こころにうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく。主にラブとピースとエロスにまつわるetc.について考えています。

前エントリ「三浦瑠麗氏とフジテレビによる民族差別煽動に断固抗議する」の補足

前エントリ「三浦瑠麗氏とフジテレビによる民族差別煽動に断固抗議する」について、若干補足します。

たしかに、問題となった三浦瑠麗氏の発言それ自体は、三浦氏の「言い訳」にもあるように、民族差別煽動とは言い難いようにも思えます。

しかし、前エントリでも触れましたが、やはり朝鮮民主主義人民共和国による「日本人拉致問題」や「核・ミサイル問題」と在日コリアン牽強付会したヘイトスピーチが日本社会に蔓延している事実を看過してはなりません。まさか、「国際政治学者」であられる三浦氏と「報道機関」であるフジテレビ(『ワイドナショー』は、まがりなりにも「報道バラエティ番組」なのですから……)が、その事実について認識を欠いているはずがないでしょう。そうであれば、三浦氏の発言が在日コリアンを標的としたヘイトクライムを誘発する可能性があることも、十分に認識していたはずです。また、『ワイドナショー』が収録番組である点も重要です。すなわち、収録番組である以上、オンエアまでに三浦氏の発言の問題性を十分に検討できたはずです。しかるに、何の配慮もなく、また三浦氏も放送された自らの発言について何ら疑義を呈していないことに鑑みれば、三浦氏もフジテレビも、三浦氏の発言が在日コリアンを標的としたヘイトクライムを誘発する危険を認容していたものと考えられます。そうだとすれば、刑法学上の概念を借用して言えば、三浦氏もフジテレビも民族差別煽動の「未必の故意」があったものといえるでしょう。

もっとも、三浦氏のその後の「言い訳」フジテレビとその関連企業である産経新聞の日頃の報道姿勢に鑑みれば、もしかすると「人権感覚の欠如」ゆえにフジテレビや三浦氏は、三浦氏の発言が在日コリアンを標的としたヘイトクライムを誘発する可能性があることの認識を欠いていたのかもしれません。そうはいっても、在日コリアンを標的としたヘイトスピーチがこれだけ社会問題となり、ヘイトスピーチ対策法が制定されたことを考えると、たとえ三浦氏やフジテレビが、三浦氏の発言が在日コリアンを標的としたヘイトクライムを誘発する可能性があることの認識を欠いていたとしても、そのことについて少なくとも重大な過失があると言わざるを得ないでしょう。いずれにせよ、三浦氏は今回の発言に関して批判を免れることはできず、発言の責任を問われてしかるべきです。

ところで、三浦氏は「言い訳」の中で「このレベルの発言が難しいのであれば、この国で安全保障について議論をするのは正直、不可能」だと述べています。三浦氏は誤解していますが、もし本当に議論をするのが不可能だとしても、それは批判のせいではありません。前述したように、三浦氏の発言は、既に日本社会に蔓延しているヘイトスピーチと相俟ってヘイトクライムを誘発する危険のあるものとなるのです。つまり、「自由な議論」を阻害するのは、他でもなくヘイトスピーチだということです。