あしべの自由帳

こころにうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく。主にラブとピースとエロスにまつわるetc.について考えています。

「広島原爆の日」に考えたこと

島原爆の日:首相「核ない世界と恒久平和に力尽くす」
毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170806/k00/00m/040/143000c

 

平和祈念式典のあいさつで安倍首相が述べた「このような惨禍が二度と繰り返されてはならない」という言葉に、私はどこか違和感を覚えます。

お断りしておきますが、それは決して、私が安倍政権に批判的だからではありません。そのような言葉を述べたのが安倍首相ではなく、例えば社民党の党首でも、日本共産党の委員長でも、私は違和感を覚えるでしょう。

いったいなぜ、私は「このような惨禍が二度と繰り返されてはならない」という言葉に違和感を覚えるのでしょうか。思うに、それはその言葉が無責任で主体性に欠けるものだからです。

たしかに、広島がアメリカの原爆投下によって人類史上未曽有の被害を受けたのは紛れもない事実です。しかし、原爆投下それ自体が「目的」なのではありません。あくまでも原爆投下は戦争の「手段」としてなされたものです。そもそも戦争がなければ広島に原爆が投下されることはなかったはずです。つまり、「広島の惨禍」における「過ち」とは、「原爆投下」ではなく「戦争」なのです。それを「原爆投下」としてしかとらえないのは、「木を見て森を見ず」であるといえます。

そうだとすれば、その「過ち」は、「繰り返されてはならない」ものではなく、「繰り返してはならない」ものです。「広島の惨禍」を二度と繰り返さないということは、「原爆投下」にとどまらず、「戦争」という過ちを二度と繰り返さないということです。だから、原爆死没者慰霊碑*1に刻まれている「過ちは繰返しませぬから」という言葉は、正しいのです。

先の戦争では、日本は紛れもなく「加害者」でした。広島は、「ヒロシマ」であると同時に、「廣島」でした。「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」という原爆死没者慰霊碑の碑文は、「すべての人びとが、原爆犠牲者の冥福を祈り、戦争という過ちを再び繰り返さないことを誓う言葉」であると言われています*2。そこで言われる「戦争という過ちを再び繰り返さないことを誓うすべての人びと」に日本国民が含まれることは、言うまでもないでしょう。たとえ日本が、「世界唯一の被爆国」であろうと。

 

*1:広島市 - 原爆死没者慰霊碑の正式名称を教えて欲しい。(FAQID-5801) http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1213070670146/index.html

*2:広島市 - 原爆死没者慰霊碑には、「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」と刻まれていますが、どういう意味ですか?(FAQID-5801) http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1111632890024/index.html