あしべの自由帳

こころにうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく。主にラブとピースとエロスにまつわるetc.について考えています。

「北朝鮮」を批判する前に

ここ連日、日本のマスメディアは挙って「金正男氏殺害事件」を報じています。それらの多くが、あたかも「『北朝鮮』は恐ろしい野蛮な国家である」と言わんばかりのものです。日本のマスメディアは、そんなにも「北朝鮮」を「悪魔視」して、日本政府による「朝鮮(「北朝鮮」ではなく、朝鮮)」差別政策を増長させたいのでしょうか。

――このような事を言えば、“愛国者”を自称する人のみならず、“リベラル派”を自称する人からも「『北朝鮮』が恐ろしい野蛮な国家であることは事実だろうが。なのに『北朝鮮』を批判することも許されないのか」とお叱りを受けるかもしれません。

たしかに、朝鮮民主主義人民共和国政府(以下、DPRKと呼ぶ)には、「国際社会」から批判されてしかるべき点があるのは事実かもしれません(もっとも、日本も客観的には同じように「国際社会」から批判されてしかるべき点があるでしょうが……)。ですが、もし「『北朝鮮』が恐ろしい野蛮な国家であ」ったからといって、日本政府による「朝鮮籍」の人々や朝鮮学校に対する差別政策、あるいは「日本国民」による朝鮮民族蔑視や差別を正当化することが果たして許されるものでしょうか。つまり、「『北朝鮮』が恐ろしい野蛮な国家である」ことなどではなく、「『北朝鮮』が恐ろしい野蛮な国家である」として日本政府が「朝鮮籍」の人々や朝鮮学校に対して差別政策を執り、あるいは「日本国民」が朝鮮民族を蔑視し差別することこそが、日本における重大な問題だということです。

そもそも、今の日本政府や「日本国民」の多数派にDPRKを批判する資格があるでしょうか。どうしてもDPRKを批判したいのであれば、「日本」がその帝国主義イデオロギーを克服することが先決ではないでしょうか。しかるに、日本政府がなおも帝国主義イデオロギーを克服することなく民族差別政策を執り続け、「「日本国民」が権力によって植えつけられた「朝鮮蔑視観」を克服しないのであれば、日本政府や「日本国民」の多数派にDPRKを批判する資格はありません。

残念ながら安倍政権批判者の中には、「北朝鮮」を引き合いに出して安倍政権を批判する人が少なからず見受けられます。「北朝鮮」を「悪魔視」する彼らの態度は、「北朝鮮」を「悪魔視」して「朝鮮」差別政策を執り続ける安倍政権の態度と本質的に変わらないものであることに、果たして彼らは気づいているでしょうか。これでは、たとえ安倍政権を倒すことができたとしても、安倍政権と同様の排外主義的・帝国主義イデオロギーを本質とする政権が再び生まれるだけでしょう。