読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしべの自由帳

こころにうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく。主にラブとピースとエロスにまつわるetc.について考えています。

拙稿「フェミニズムとロリコン」に関する若干の補足

ロリコンな男性の心理 - どうして幼女・少女が好きなのか | マイナビニュース http://news.mynavi.jp/articles/2014/09/27/lolita/

 

ロリコンな男性の心理については、素人の妄想垂れ流しかもしれませんが、以前に当ブログの記事で書きました私見を。

http://yukito-ashibe.hatenablog.com/entry/2014/08/09/184042

冒頭のリンク先の記事中でも「専門家」の先生が述べていらっしゃいますが、どうやら医学の世界でも、なぜ人がペドフェリアになるのかはよくわかっていないらしいので、私のようなド素人が妄想を垂れ流すことをどうか大目に見ていただければ幸いです。

とまれ、私が言いたいのは、次のようなことです。すなわち、よく見聞する「ロリコン問題」についての考察は、例えば冒頭のリンク先の記事中でも述べられているような「女性たちの成熟に比べ男性自身が成熟しきれていない」等といった、「男性の問題」としてしか考えていないものが多いような気がします。しかし、それでは「ロリコン問題」についての考察としては不十分ではないかと思うのです。

たしかに、「女性たちの成熟に比べ男性自身が成熟しきれていない」ことは私も否定しません。ですが、「ロリコン問題」考えるにあたっては、男性の側の問題だけではなく、なぜ「大人の女性」が未熟な男にとって愛の対象とならないのか、という女性の側の問題(誤解のないようにお断りしておきますが、「問題」というのは「非がある」という意味ではありません。)についても、併せて考えてみる必要があるのではないでしょうか。

もっとも、こんな事を書けば、フェミニストの諸姉諸兄に「女性が男の性愛の対象とされる必要など、そもそもない。女性が男の性愛の対象であるなどと考えるのは男の傲慢な理屈だ」と激しく叱られてしまうでしょうけど。