あしべの自由帳

こころにうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく。主にラブとピースとエロスにまつわるetc.について考えています。

「エロ漫画」規制を二つの側面から考えてみる。

東京都、不健全図書で「新基準」初適用 - 朝日新聞デジタル http://t.asahi.com/epiy

 

公権力によるいわゆる「エロ漫画」の規制は、青少年の「健全な育成」を図ることを目的として掲げています。

しかし、はたして青少年の「健全な育成」にとって「有害」であるとするものを排除することによって、本当の意味で青少年の「健全な育成」を図ることはできるのでしょうか。本当の意味で青少年の「健全な育成」を図りたいのであれば、この世の中から青少年の「健全な育成」にとって「有害」であるとするものを排除することよりむしろ、それが「有害」である理由を説明し、たとえ世の中に有害なものが溢れていようと青少年たちがそれを嫌悪し自らそれを拒むほどになるよう教育すべきではないでしょうか。

それはさておき、公権力による「エロ漫画」の規制の目的が本当に「青少年の『健全な育成』を図ること」であるのか、これについては、私は疑問を抱いています。

そこで、「エロ漫画」の規制に関して、二つの側面から考えてみたいと思います。

まず、一つ目の側面として、「エロ漫画」を規制する主体である公権力の本当の目的は何か、について。

私が思うに、「青少年の『健全な育成』を図る」という目的は建前であって、本当の目的は広い意味での「体感治安の向上」にあるのではないでしょうか。

すなわち、「『エロ漫画』という『社会悪物品』がしっかりと取り締まりを受けることで、社会一般の善良な市民の皆様に安心感を得ていただこう」というのが、「エロ漫画」を規制する主体である公権力の本当の目的の一つなのではないかと思うのです。その意味では、公権力にとって「エロ漫画」を規制することそのものは大して重要ではないのかもしれません。むしろ、報道機関によってなされる「『エロ漫画』という物は兎にも角にも社会的に『悪い』ものであり、そうした『悪い』ものが公権力によってしっかりと禁圧されている」ということが社会一般の善良な市民へ周知されることこそ、重要なのではないでしょうか。

また、公権力にとっては、社会一般の善良な市民に安心感を得させるための生贄は、社会的に「悪い」とされているものであれば何でもよく、「エロ漫画」は恰好の生贄なのかもしれません。ここで社会的に「悪い」とされているものが何故悪いのか突き詰めて考えていけば、それは社会的に「悪い」とされているから「悪い」のであり、ただ言えるのは、それが社会の多数派からみて「異質なもの」であるということでしょうか。

次に、二つ目の側面として、公権力が「エロ漫画」という「社会悪物品」を取り締まるのは、それを支える「社会一般の善良な市民」が存在するからです。

しかし、そういった「社会一般の善良な市民」は、何故「エロ漫画」をこの世の中から排除しようとするのでしょう。

先にも述べたように、本当の意味で青少年の「健全な育成」を図りたいのであれば、この世の中から青少年の「健全な育成」にとって「有害」であるとするものを排除することよりむしろ、それが「有害」である理由を説明し、たとえ世の中に有害なものが溢れていようと青少年たちがそれを嫌悪し自らそれを拒むほどになるよう教育すべきです。

それにもかかわらず、彼ら彼女らが「エロ漫画」を排除することに躍起になるのは、もしかすると「エロティックなもの」という、社会のマジョリティである(と信じて疑わない)自分たちとは「異質なもの」(と信じて疑わない)を敵視し排除しようとすることによって、自分という存在を確かめたいからなのかもしれません。つまり、彼ら彼女らが信じて疑わない「正義」に背く「悪」を敵視し排除しようとすることで、自分たちがすぐれて「正しい人間」であることを確認し、それを自己存在の拠り所にしたいのではないか、そう思うのです。

だとすると、「エロ漫画の排除」には、昨今の「日本人」であることを自己存在の拠り所にしたい人々が異なる民族の人々を敵視し排除しようとすることにどこか通じるものがある――そんな気がしてならないのは、私だけでしょうか。