あしべの自由帳

こころにうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく。主にラブとピースとエロスにまつわるetc.について考えています。

「永遠」なんて、ここにあるのか?~TAROの、「永遠」。

はたして、私たちの生きるこの世界に、「永遠」はあるのでしょうか?

 

形あるもの、いつかは壊れることを、命には、限りがあることを、なにもかも変わらずに、いられないことを、私たちは知っています。

そうだとすれば、やはり私たちは、この世界で「永遠」に手を触れることはできないでしょうか。やはり「永遠」なんて、ここには無いのでしょうか。

 

しかし――

 

「この世界では物として残ることが永遠ではない。その日その日、その時その時を、平気で生きている。風にたえ、飢えにたえ、滅びるときは滅びるままに。生きつぎ生きながらえる、その生命の流れのようなものが永劫なのだ。」(岡本太郎『沖縄文化論 忘れられた日本』中公文庫)

 

なるほど、「永遠」は、ここにあるのかもしれません。